クレジットカード審査に関するQ&A

CRIN(クリン) 信用情報の共有

CRIN(クリン)でも共有されない情報があるというのは?

CRIN(クリン)とは、3つの個人信用情報機関(JICC,CIC,全銀協(KSC)の相互交流ネットワークのことを言います。

このCRINによって、本人情報(氏名、住所、電話番号、生年月日、勤務先等)、クレジットカードやキャッシングの有無等の契約情報、その上さらに支払状況(延滞を含む)や契約終了した際の情報も登録されています。

これにより、それぞれの信用情報機関に加盟している企業(銀行、クレジットカード会社、消費者金融会社)に情報が共有されています。これらの加盟企業が最も神経を尖らせているのが異動情報(ブラック情報)です。

以上の理由により、仮にもしクレジットカードの支払いを滞納してJICCに登録されてしまうと、CRINによって他の全銀協やCICにまで情報共有されます。

他業界の信用情報を共有することにより、多重債務者の発生や過剰貸付を防ぐことがCRINの最大の目的となっています。

なお、各信用情報機関の間で交流される異動情報(ブラック)等に関しては、次のようになります。

全銀協(KSC)・・・延滞、取引停止処分、代位弁済、強制解約、本人申告情報など
JICC・・・延滞、延滞解消、保証契約弁済、債権回収、本人申告コメントなど
CIC・・・貸倒、延滞解消、本人申告コメント、本人以外弁済など

このように、3つの機関では交流されている情報が異なっています。

CRINによって交流されているのは、自己破産等の法的整理も含め、全ての金融事故情報だと思い込んでおられる方もいらっしゃいますが、CRINにおいては非常に断片的な情報しか交流されていませんので、より正確な情報を得たいと希望する場合は、ご面倒でも3機関(JICC、CIC、KSC)全ての情報を開示しなくてはなりません。

CRINで問題になっている点とは、本来であればブラック情報や事故情報として交流すべき内容が3機関内で統一されていないため、各機関の個別基準によって判断された情報だけが交流されている点です。

多くの利用者が勘違いしている所ですが、金融事故情報の全てがCRINで公開されていると思われているようですが、これは大きな間違いなのです。各機関とも、ブラック情報の一部しかCRINでは交流されていないからです。

例えば、日本信用情報機構(JICC)では、任意整理についてはブラック情報と決められていますが、任意整理したという情報についてCRINにおいてJICCが情報を共有しているか?といえば共有していないのです。

全銀協のみに加盟している銀行などや、CICのみに加盟しているクレジットカード会社等には、見えない「事故情報」となり、カード審査が通ってしまう可能性があります。

なお、KSC(全銀協)では、破産した際の官報情報を10年間記録されていますが、CRIN上では情報交流されません。以上のことから、もし破産免責を受けてしまった方でクレジットカードが欲しいという方は、JICCとCICのみを照会するカード会社を選んでおくと安心です。

ただし、CICにおいては、破産を行った場合「法定免責」と5年間記録されることになります。この状態ではカード発行してくれる会社はまったくないはずですので、必ずカード申し込みの前にご自身の信用情報を開示、ネガティブ情報がなくなっていることを確認してからにすることが重要です。

※平成27年1月から、全国銀行個人信用情報センター(KSC)は、シー・アイ・シー(CIC)および日本信用情報機構(JICC)との延滞情報における相互交流をやめてしまいました。

これにより、KSCで記録された延滞がJICCやCICとで情報交流されなくなったため、JICCとCICのみを照会するクレジットカード会社の審査には影響しない可能性が高くなっています。

FINE(ファイン)では、信用情報機関の情報がどの程度共有していますか?

CRINは比較的ご存知の方が多いと思いますが、FINE(ファイン)についてはあまり知られていないようなので、ここで解説したいと思います。FINEとは、貸金業法によって定められた指定信用情報機関であるJICCとCICの相互情報交流ネットワークのことです。

JICCの加盟企業は消費者金融会社、CICの加盟企業は主にクレジットカード会社となっています関係上、キャッシング機能が付いたカードを発行する際には、申込者が貸金業法に定められている総量規制(年収の1/3が限度)に引っかかっていないか?を確認するため、借入総額を把握しようとJICC側の情報を照会することになっています。

FINEでは、申込者の個人情報(住所、名前、勤務先等)のみならず、契約情報(借入額、遅延の有無や借入残高)をも把握することができるのです。

ですから、時折「CICのみに加盟しているクレジットカード会社なら、貸付限度額いっぱいになっていてもキャッシング枠の付いたカードの発行はできますか?というような質問がありますが、その答えは「非常に厳しいです」と言うしかありません。

FINEによって消費者金融側の利用残高が照会できる以上、年収の1/3近くまで貸付されているような場合には、どのクレジットカード会社もカード発行を控える可能性がかなり高いです。

限度額いっぱいいっぱいになっている人が、もし仮にキャッシングの利用限度額10万円のカードを持てた場合でも、それ以上のキャッシングはたいして利用できないことでしょう。この場合は、カードを発行してくれたことだけでも感謝すべきことなのです。

もしキャッシング枠を増やしたいのならば、勤続年数を長くすることにより収入アップさせて属性のランクを上げるか、現在の借入金を減らしていく、等の選択が必要でしょう。