クレジットカード審査に関するQ&A

クレジットヒストリー 作られ方

なぜクレジットヒストリーが重要なのでしょうか?

クレジットヒストリーとは、時にクレヒスとも称されますが、文字通り「信用の履歴」を意味します。

クレジットカード会社では、利用者の「信用度合」を確認するために、個人信用情報機関に情報の開示請求を行い、事実を確認します。
その照会によって、カード利用者のお勤め先、現住所、カードの詳細な契約情報、支払実績の状況や与信限度枠などがカード会社に知れることになります。

今まで現金主義でカードを使ったことがなかった方にはこのクレヒスがなく、また、金融事故などをおこしてブラックだった方は、基本的に事故情報が消滅するまでの5年間はカードが利用できないことから、同じくクレヒスが無いでしょう。

クレジットヒストリーがないからといって、100%カード審査におちてしまうとは
断言できませんが、ほぼ通過は無理と考えましょう。

従って何らかの理由でクレジットヒストリーが真っ白という方は、カード申し込みの前に
クレジットヒストリーを作るための前準備(=クレヒス修行と言います)を
行っていただきたいのです。

将来的にご自分が「持ちたいカードを持つ」ために、クレヒス修行を行い、
信用情報に実績の記録を積み重ねていくことが目的です。

しかし、クレヒス修行を行いたくとも、そのカードが作れない状況にあるはずですから、一体何をどうしたらよいのでしょうか?

まず、支払履歴を作ること=カードの支払いということではない、と理解してください。
他のページでもご説明していますが、例えばスマートフォンの機種本体を「分割払いで購入する」ことでもクレヒスを残せる手段として有効なのです。

「そんなに長く待てない。すぐにカードが欲しい」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。

そのような場合は、クレヒスがなくても審査に通過するカードをまず一枚手に入れた後、そのカード利用できちんと返済実績を積み上げていくという方法をご提案します。

クレヒス修行にぴったりなカードとは?

何度かご説明していますが、クレジットカード会社は系列により、その難易度がランク付けできます。一番難しい方から申し上げますと
① 銀行系・独立系②信販系③流通系④消費者金融系という順番です。

一番難易度が低い消費者金融系クレジットカードとして、現在、アコムが唯一MasterCardを発行するカード会社となっています。

消費者金融系のカードをなぜおすすめするのでしょうか。
その理由はズバリ、審査基準がクレジットカードによるものではなく、キャッシングやカードローンに対応する審査基準をもってカード発行の可否を決めるからです。

では、キャッシングやカードローンの審査基準はどのような内容かともうしますと、
① 申し込み時に利用可能枠が50万円を超えない
② ショッピング枠が30万円を超えない
この2つの条件をクリアすれば「簡易審査」という自己申告による情報を基に審査が
行われるのです。

明らかな虚偽記載は法に触れますが、例えば年収280万円の方が300万円と記入することや、勤続2年8か月を勤続3年というぐらいの誤差であれば問題ない範囲でしょうし、本人確認のための書類も必要ありません。

従って、この「簡易審査」で審査を通過することがポイントです。

以前、消費者金融に詳しい知人に聞いたところ、クレヒスがない方でも信用情報に
延滞などの記録がなければ審査に通過し、融資は実行されていとのことでした。
大手であれば概ねこのような対応をとっているようです。

繰り返しになりますが、金融事故などの記録が無い方の場合、消費者金融系カードは簡易審査で通過できる条件をそろえて申し込めば(キャッシング枠とショッピング枠の金額)クレヒスがなくてもカードの審査に通過する可能性が高いということです。

銀行系・流通系など他のカード会社の審査に落ちた経験がおありでも、消費者金融系のカードは審査基準が異なるため通過する可能性があるのです。

無論、クレジットカード会社は実際どのような審査手続きを取るのかを公表しているわけではありません。

また消費者金融系の難易度が低いとはいっても、きちんと審査手続きはとられます。よって中には審査に落ちる方も、ある程度はいらっしゃることは事実ですが、他社に比べて可能性は高く、クレヒス修行には最適であることは間違いないでしょう。

もう一つ、このカードをお勧めするのには理由があり、それは通常のお買い物や飲食店での支払いでさえもカード決済にできるという利便性があるからなのです。

他のサイトを見ますと、クレヒス修行用に一定の場所や商品でしか使えない、いわゆる「ハウスカード」を使うよう奨励している記事もあります。

しかし、クレヒス修行のために、本当は必要のない買い物をすることはご自分にとって有益なのかどうか、を考えていただけると、答えは明白です。

私がここでご提案する「本来のクレジットカード」を一枚持ち、そのカードでの利用実績をもってクレヒス修行を実行していただく。そして将来的にはご自分が「本当に手に入れたいクレジットカード」を持つ、という手順にご納得いただけるのではないかと思います。