初めて作るクレジットカード

クレジットカードの種類を解説|ランク・ブランド別におすすめカードもご紹介!

クレジットカードの種類を解説

クレジットカードを作ろうと決めたのに、「会社といいグレードといい、種類がたくさんあって、どれを選んだらいいのかわからない!」そんな悩みをお持ちではありませんか?

最適なカードは人によって異なります。自分に適したカードを作るためには、たくさんの種類を知って理解することが重要です。

そこで、国際ブランド・発行カード会社・グレードといったクレジットカードの種類と、それらの違いについて、分かりやすく例を挙げながら解説します。

これを読んで、自分に最適なクレジットカードを作りましょう!

クレジットカードの種類

クレジットカードは下のように、国際ブランド・発行カード会社・グレードの3つに分類することができます。

分類 説明 種類(主要例)
国際ブランド カード決済システムを提供する会社。
カード記載のロゴマークで見分けられる。
・VISA
・Mastercard
・JCB
・AmericanExpress
・DinersClub
発行カード会社 カードを発行している会社。 ・三井住友
・楽天
・イオン
・JAL
・エネオス
グレード カードのランク。
ランクによって年会費や特典が異なる。
・一般カード
・ゴールドカード
・プラチナカード
・ブラックカード
・学生カード

例えば、三井住友VISAゴールドカードなら、以下の図のようになります。

三井住友VISAゴールドカード

上のように、発行会社が三井住友カード株式会社で、国際ブランドがVISAで、グレードがゴールドになります。

このように、1枚のカードを作るのに、国際ブランド・発行カード会社・グレードを決める必要があるのです。

次はそれらの違いについて見ていきましょう。

クレジットカードの国際ブランドは主に5種類

国際ブランドとは国内のカード発行会社に決済システムを提供している会社を指し、日本で有名な国際ブランドとして下記にあげる5社が5大国際ブランドとなっています。

  • VISA(ビザ)
  • MasterCard(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)
  • AmericanExpress(アメリカンエキスプレス)
  • DinersClub(ダイナースクラブ)

各ブランド毎に利用できる加盟店が決まっており、VISAカードはVISAの加盟店のみで利用できるけどJCBの加盟店では利用できません。

ですが国際ブランドは日本国内だけでなく世界中の該当加盟店で利用することができるため、クレジットカードを選ぶ際は申し込むブランドの加盟店の数を基準に選択する人もいます。

ここでは、5大国際ブランドと、その他の国際ブランドの特徴をご紹介していきます。

VISA(ビザ)

知名度・シェアともに世界トップの国際ブランドです。

日本国内のVISAの利用者数はカード利用者全体の75%と、最も利用されています。
(出典元:コイニー株式会社「クレジットカードに関する利用状況調査2014」)

日本国内だけでなく、世界中で利用ができ、特にアメリカで広く利用されています。

そのため、世界中で最も利用しやすいといえます。

日本でも海外でも不便を感じることはほとんどないため、1枚目のカードにはVISAがおすすめです。

Mastercard(マスターカード)

マスターカードはVISAに次ぐシェアを誇っています。

第2位とはいえVISA同等に世界中で使えて、加盟店の多い地域と少ない地域で差がありますが、ユーロカードとの提携を理由に特にヨーロッパで広く利用されています。

世界中でVISAの方が決済可能なお店が多いですが、ヨーロッパではマスターカードしか利用できないお店が多いです。

日本で利用できる店舗数はVISAとほとんど同じですが、若干Mastercardの方が多いです。

JCB(ジェーシービー)

日本発の国際ブランドです。

1988年に東京ディズニーランドとオフィシャルスポンサー契約を結んだことで、ディズニーといえばJCBのイメージを確立しました。

日本国内の加盟店数は1位ですが、世界中で利用可能範囲は23の国と地域で少ないため、国内での利用シーンに強いです。

AmericanExpress(アメリカンエキスプレス)

通称アメックスで、利用できる国や店舗数は少ないですが、JCBとの提携によって、JCBの加盟店ならば利用できるため、国内での利便性が高いです。

アメックスカードは全体的に年会費が高めですが、一流ホテルやレストランの優待、空港ラウンジの利用などの提供サービスの質が高いです。

このようにステータスが高いことから、特に富裕層に支持されています。

DinersClub(ダイナースクラブ)

世界初のクレジットカードを発行した歴史ある国際ブランドです。

AmericanExpressと同様にステータスが高く、富裕層に支持されていますが、利用できる国や店舗数は少ないです。

グルメや旅行、エンタメシーンなどで利用できる優待サービスが充実しています。

また、利用金額の限度が高いことが多いのも特徴の1つです。

その他の国際ブランド

上記5ブランド以外にも、銀聯(UnionPay)DiscoverCardなどがあります。

銀聯カードは、中国銀聯が発行するカードで、もともと中国国内で買い物が便利になるように発行さました。
中国での加盟店数は約2,000万店、日本国内は2017年3月時点で約50万店です。

DiscoverCardは、日本国内で発行はできませんが、JCBとの提携により、JCB加盟店で利用可能になりました。
そのため、日本人よりも外国人の方が有効に利用できます。

発行会社の違いによるクレジットカードの種類

国際ブランドについて理解が深まったところで、次に発行会社について知りましょう。

自分に適切なカードを選ぶためには、発行会社の選択が重要になります。

カードを発行する会社によって「プロパーカード」と「提携カード」のように種類分けをすることができます。

プロパーカードと提携カード

それでは、プロパーカードと提携カードの違いについて見ていきましょう。

プロパーカード 提携カード
発行元 国際ブランド
(JCB、AmericanExpress、DinersClubのみ)
国際ブランドと提携した会社
(例:イオンカード、楽天カード、セゾンカードなど)
特典 国内・国外旅行傷害保険やショッピング保険などの保険
空港ラウンジ無料利用サービスといった特別なサービス
提携企業ならではの特典
例:イオンカード
毎月20日・30日はお買い物代金が5%OFF
イオンシネマの映画が300円引きなど
年会費 有料 無料又は少額

上記のような違いがあります。
このように、発行元が違うことが大きな特徴です。

また、プロパーカードはステータスが高く、提携カードは初心者でも利用しやすいです。

提携カードには様々な種類があります。
次はそれについて解説します。

提携カードの種類

提携カードの中でも更に種類分けをすることができます。

一つずつ例を挙げながらご紹介します。

銀行系

銀行系クレジットカードは、銀行が発行しているクレジットカードです。
このカードは、所持する人のステータスを高くしてくれます。

キャッシュカード一体型クレジットカードという、2つの機能を持ち合わせたカードもあり、財布の中のカードがかさばらずに済みます。

審査は他の種類に比べると厳しいです。

代表的な銀行系クレジットカードの例
カード名 特徴
三井住友VISAカード 指定の条件クリアで翌年度年会費が割引になる
同じカードでVisaとMastercardの2枚を同時発行できる
ブランド力がある
みずほマイレージクラブカード 永久不滅ポイントが貯まる
みずほ銀行とイオン銀行の手数料が無料
Apple Payで決済可能
MUFGカード 旅行のサポートが手厚い
大手メガバンクの安心感

 

信販系

信販系クレジットカードは、分割払いやリースを行う信販会社が発行しているクレジットカードです。

クレジットカードの老舗のため、安心感があります。

ポイント還元率が高く、特典が豊富なことが特徴です。

審査は銀行系カードに比べると厳しくないです。

代表的な信販系クレジットカードの例
カード名 特徴
オリコカード カード利用者からの評判が高い
ポイントが貯めやすく・使いやすい
Apple Pay使用可
セディナカード 100種類以上の提携カードの多さ
海外キャッシングのお得さが信販系の中でも優位
初回3ヶ月・全国のセブンイレブンご利用でポイント3倍
セゾンカード ポイントが永久不滅
最大60%offでレジャー施設・レストラン・ホテルなどの優待
セゾンポイントモールを経由したネットショッピングでポイント最大30倍

 

流通系

大型ショッピングモールや量販店などの流通業界に属する会社が発行又は提携しているクレジットカードです。

発行元のお店でのポイントが貯まりやすく、特典も多いです。

その店で買い物をしてもらうことが目的のため、審査は無職・アルバイト・主婦の方でも通りやすいです。

代表的な流通系クレジットカードの例
カード名 特徴
楽天カード 楽天市場の買い物でポイントが最大3倍
年会費無料で海外旅行保険が付帯
楽天カードマンのCMでおなじみ
新規入会増加率は国内トップクラス
イオンカード 20・30日はお買い物代金5%OFF
ショッピングセーフティ保険やカード盗難保障付き
イオンシネマや対象の施設利用が割引

 

交通系

Suicaのように、交通ICカード機能がついたクレジットカードです。

よく交通機関を利用する方にはお得で、チャージでもポイントを貯めることができます。

審査は、銀行系カードよりも簡単で流通系カードよりも難しいです。

代表的な交通系クレジットカードの例
カード名 特徴
VIEWカード Suicaのオートチャージサービスが使える
チャージの度にポイントが貯まる
定期券とクレジットカードを1枚にできる
JALカード 通常のマイルに加えてボーナスマイル付与
JALグループ国内線特典航空券を割引で交換
空港店舗や免税店で割引

 

ガソリン系

石油元売り会社が発行するクレジットカードです。

ガソリン代の値引きやポイント還元がされます。

審査は流通系カードと同じくらいで、通りやすいです。

代表的なガソリン系クレジットカードの例
カード名 特徴
エネオスカード エネオスのガソリン代が2円値引き
目的別に3種類のカードを選べて、全て年会費初年度無料・以降1,250円(+消費税)
出光カード 旅行やレジャー、三井アウトレットパークでお得
ガソリン代がカードによって2~20円値引き

 

その他

代表的なその他のクレジットカードの例
カード名 特徴
ドコモdカード
(通信系)
最短5分で審査が完了
dポイントが貯まり、それで携帯料金が支払える
ローソン・ノジマで3%off
アコムACマスターカード
(消費者金融系)
年会費無料
毎月利用金額から0.25%キャッシュバック
スマートフォンで決済可能
TSUTAYA Tカードプラス Tポイントが3倍以上付与
クレジットカード加盟店での支払いでもTポイントが貯まる
TSUTAYAのレンタル更新手続き不要

 

クレジットカードのグレード(ランク)でも種類が変わる

クレジットカードには、ここまで理解した国際ブランドや発行会社の違いだけでなく、グレードやランク、ステータスなどと呼ばれるものがあります。

グレードによって年会費や特典・優待サービス、付帯保険などが異なるため、この点についても詳しく見ていきましょう。

一般カード(シルバーカード)

一般カードはシルバーの色をしているものが多いことからシルバーカードと呼ばれることもあります。

最もスタンダードなカードで基本的な特典や付帯保険がついています。

年会費は無料なものが多く、必要でも1,000~3,000円程です。

そのため年会費を抑えたいけれど、特典や保険も欲しいという初心者の方に最もおすすめしたいカードです。

ゴールドカード

一般カードよりも1ランク上のカードです。

空港ラウンジが無料、ポイントの還元率が高い、旅行保険高額補償など、付帯サービスが充実しています。

一般カードよりも審査は厳しく、年会費は2,000~20,000円程と高めになっています。

そんなこともあり、高いステータスの証にもなります。

プラチナカード

ゴールドカードより更に上のカードです。

自ら申し込む方法だけでなく、インビテーションという、カード会社からの招待状が届くことで作れる方法があります。

特典としては、ゴールドカードにあるものに限らず、それにはない、持ち主の代わりに予約や調べものをしてくれるコンシェルジュサービスがあります。

年会費は20,000円~100,000円程です。

他にも、

  • ブラックカード
    →最上級のカードで、サービスの内容や審査基準は謎に包まれていますが、必要年収は平均1,000万~2,000万といわれています。
  • 学生限定の学生カード
    →学生限定のカードで、年会費が安く、ポイント還元率が高いことが特徴です。書類に不備がなければ審査は通るほど簡単に作れます。

といったグレードのカードも存在します。

種類別・目的別おすすめクレジットカード

ここまで見てきたように、クレジットカードには様々な種類があり、目的によって得するか否か変わります。

よってクレジットカード選ぶときは、利用シーンを想像して自分のライフスタイルにあったものを選択するのがポイントです。

さらに、年会費無料やポイント還元率が高いなどのメリットも考慮するべきです。

とはいっても、やはりたくさんあって迷ってしまいますよね。

そんなとき、初めての1枚におすすめなのが楽天カードです!

楽天カード

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 550円(税込)
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

  • 年会費永年無料
  • 顧客満足度第1位
  • 入会&利用で楽天スーパーポイントが貯まる
  • 柔軟審査で初心者も申し込みやすい

この他、年会費無料、充実特典、高ポイント還元など、求める条件別のおすすめランキングを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

クレジットカードおすすめ20選!最強の一枚がわかる人気ランキング

クレジットカードの種類まとめ

国際ブランド・発行会社・グレードについて理解できましたか?

  • 1枚目のクレジットカードにはVISAがおすすめ
  • 国内のみの利用ならMastercardやJCBでもOK
  • 初めてのカードは一般カードがおすすめ
  • グレードが高いほど審査が厳しくなり、年会費も高いため、本当にお得かよく考える必要がある

という風にまとめられます。

人によって生活スタイルがバラバラなように、クレジットカードも年会費や特典が様々です。

自分の生活にあっているクレジットカードを選択して、充実したショッピングをしてください。