目的別クレジットカード比較!

コンビニ支払いに使えるクレジットカード!使い方とメリットを解説!

コンビニ支払いに使えるクレジットカード!使い方とメリットを解説!

コンビニを利用する時にクレジットカードがあるととても便利です。

利用する機会が多い場合はその分ポイントもつきますし、基本的にはサインや暗証番号不要でスムーズに買い物することができるので、通勤前などの急いでいる場面だと非常に役立ちます。

また、「あまりコンビニでクレジットカードを使ったことがない」という方の中には、

「コンビニでどうやって使えばいいのかな?」
「どのブランドのカードでも利用できる?」
「コンビニで使うのに向いているカードを知りたい!」

という疑問を持っている方も多いですよね。

そこで今回は、コンビニで利用できるブランドや利用方法、コンビニ別にそれぞれお得に利用できるクレジットカードについて紹介します。

この記事を読めば、「初めてクレジットカードを作る」という方はもちろん、すでにクレジットカードを持っている方も、よりお得にコンビニを利用できるようになるかと思いますので、ぜひお付き合いください。

主なコンビニで利用できるクレジットカードのブランド

基本的にはどのコンビニでもクレジットカードを利用することができますが、扱っている国際ブランドはコンビニによって若干異なります。

ちなみに、主要なコンビニで扱っている国際ブランドは以下の通りです。

主要なコンビニ 利用できる国際ブランド
ファミリーマート ・JCB
・VISA
・MasterCard
・アメリカン・エキスプレス
・ダイナース
・銀聯
・新韓
・Discover
セブンイレブン ・VISA
・MasterCard
・JCB
・アメリカン・エキスプレス
・ダイナース
・Discover
・銀聯
ローソン ・VISA
・MasterCard
・JCB
・アメリカン・エキスプレス
・ダイナース
・Discover
・銀聯
ミニストップ ・VISA
・MasterCard
・JCB
・アメリカン・エキスプレス
・ダイナース
・Discover
・銀聯
セイコーマート ・VISA
・MasterCard
・JCB

コンビニによって若干の違いはありますが、基本的には「VISA」「Mastercard」「JCB」の3種類であれば、どのコンビニでも利用することが可能です。

そのため、「これから新しくクレジットカードを作る予定」という方は、ひとまず上記の3種類のいずれかのカードを作っておくと安心ですね。

JALカード

JALカード
  • ファミマ利用で効率的にマイルが貯まる!
  • マイルだけでなくTポイントも貯まる!
  • 初年度年会費無料!

コンビニでクレジットカード利用をおすすめする理由

コンビニは日常生活の中でも利用する頻度が多いので、その分自然とポイントも貯まっていきますし、わざわざ小銭を探す手間が省けたりなど、おすすめできるポイントはたくさんあります。

とはいえ、もちろんデメリットが存在するのも事実。

以下では、コンビニでクレジットカードを利用することで得られるメリット、デメリットをそれぞれ紹介するので、これからカードを作る方は参考にしてみてください。

メリット

まずは、コンビニでクレジットカードを利用することで得られるメリットからみていきましょう。

サイン、暗証番号も不要

コンビニでの支払いをクレジットカードで決済する際は、サインや暗証番号を求められないので、会計がスムーズに完了します。

急いでいる時に便利なのはもちろん、混んでいる時間帯にコンビニを利用するような状況でも、会計がスムーズな分、後ろに並んでいる人に迷惑をかけてしまう心配もありません。

とはいえ、決済金額によっては、サインを求められる場合もあるので注意しましょう。

主要なコンビニで言うと、ファミリーマート、ローソンは4,000円以上の支払いから、セブンイレブンの場合は10,001円からサインが必要になります。

コンビニの共通ポイントとクレジットカードのポイントの二重取り

クレジットカードをコンビニで利用すると、以下のように「ポイントの二重取り」が可能になります。

  • クレジットカードを利用してもらえるポイント
  • コンビニごとで貯まるポイント

クレジットカードで貯めたポイントはマイルに交換することもできますし、コンビニごとで貯まったポイントは店舗や提携先のお店で利用することができます。

また、両方のポイントが貯まるタイプのクレジットカードを選べば、より効率的にポイントを貯めることも可能。現金払いと比べると圧倒的にお得ですね。

デメリット

続いて、デメリットを紹介します。

支払い回数は1回払いのみ

コンビニでクレジットカードを使い決済するときは、基本的に一回払いのみ。分割払いには対応していません。

分割払いにするほどの金額をコンビニで使う方は少ないかと思いますが、金銭的に余裕がない方にとってはデメリットに感じてしまうこともあります。

一部の商品はクレジットカードでの支払不可

どのコンビニでもクレジットカードを利用することができますが、全ての商品を購入できる訳ではありません。基本的に以下の商品は、クレジットカードで支払うことができないので注意しましょう。

  • 公共料金
  • 切手、はがき、年賀状、収入印紙
  • プリペイドカード、ギフトカード、QUOカード などの金券
  • ごみ処理券、一部自治体指定ゴミ袋
  • 宅配便の送料
  • コピー、FAXの利用料金
  • 電子マネーチャージ等

公共料金などの他、換金性の高い商品は不正利用を防ぐために、カードでの支払い不可となっています。

リクルートカード

リクルートカード
  • ローソンでの利用でポイント還元率が1.2%!
  • Pontaポイントに等価で交換可能!
  • 学生、アルバイトでも申込みOK!

コンビニ別!おすすめクレジットカードまとめ

ここからは、コンビニ別にお得に使えるクレジットカードを紹介します。

特に「よく同じコンビニを利用している」という方は、今までよりも更にお得にコンビニを利用できるようになるかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、「その日によって違うコンビニを利用する」という方には「楽天カード」がおすすめです。

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 550円(税込)
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

楽天カードはコンビニをはじめとし、多くの店舗でポイントを貯めることができる人気のカード。マクドナルドやすき家、ライトオン等の全国各地にある対象店舗でポイントを貯める・使うことが可能です。

ファミリーマートのおすすめクレジットカード

まずは、ファミリーマートで使うのにオススメのクレジットカードを紹介します。

JALカード

JALカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 2,000円※
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 通常4週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※初年度無料

「よくファミリーマートを利用する」という方には、JALカードがおすすめ。ファミリーマートはJAL特約店ということもあり、通常よりも2倍ほどマイルが貯まりやすくなります

もちろん、JALカードで支払いしても問題なくTポイントが貯まるので、ポイントの二重取りも可能。今後もファミリーマートを利用するなら確実に作っておきたい1枚です。

ファミマTカード

ファミマTカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
発行時間 約2週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

また、「マイルよりもTポイントを重点的に貯めたい」と言う方にはファミマTカードもおすすめです。

ファミリーマートの支払い時に、ファミマTカードを使えばいつでもポイント2倍。さらに、入会することでポイントがもらえるキャンペーンもよく行なっているので、がっつりTポイントを貯めることができます。

ローソンのおすすめクレジットカード

続いて、ローソンで利用する際におすすめなクレジットカードをみていきましょう。

リクルートカード

リクルートカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.2%~4.2%
発行時間 最短3営業日
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

リクルートカードは、どこで使っても還元率が1.2%という高還元率カード。貯まるポイントは「リクルートポイント」なのですが、このポイントは1:1の割合で「Pontaポイント」に交換することができます。

そのため、ローソンで使える「pontaカード」と併用して使えば、実質2.2%の高還元でポイントを貯めることが可能

貯まったポイントはローソンをはじめ、ゲオやじゃらんなど様々な提携先で使うことができますよ。

JMBローソンPontaカードVisa

JMBローソンPontaカードVisa
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~2.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

また、「pontaポイントだけじゃなくてマイルも貯めたい」という方には、「JMBローソンPontaVisa」もおすすめ。

ローソンでの支払いにJMBローソンPontaVisaを使えば、pontaポイントの還元率は約2倍。また、税込200円ごとに1JALマイル貯まるので、効率的に両方のポイントを貯めることができます。

セブン-イレブンのおすすめクレジットカード

セブンイレブンで使うのにオススメのクレジットカードはこちらです。

JCB CARD W

JCB CARD W
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~5.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

セブンイレブンは「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」に指定されているので、JCB CARD Wで支払いすると、通常よりもらえるポイントが倍増。2.0%の還元率でポイントが貯まります。

また、チャージ不要な電子マネー「QUICPay nanaco」に登録することで、還元率は最大2.5%と更にお得に利用することも可能です。

セブンカード・プラス

JMBローソンPontaカードVisa
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 約2~3週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

ちなみに、セブンイレブンでポイントを貯めやすいカードとしては「セブンカード・プラス」も有名です。

セブンカード・プラスを使って、電子マネーのnanacoにチャージするだけでもポイントが貯まりますし、その電子マネーnanacoを使って買い物すればポイントの二重取りも可能です。

ただし、最終的な還元率はポイントの2重取りをした上で1.0%なので、上記で紹介した「JCB CARD W」と比べるとやや見劣りしてしまうカードでもあります。

コンビニでのクレジットカードの利用方法

今までクレジットカードを利用したことがないと「コンビニで実際にカードを使う時の流れが分からなくて不安…」と心配になってしまいますよね。

とはいえ、コンビニでクレジットカードを使って支払う方法はとっても簡単。基本的には以下の手順で利用することができます。

  1. レジで店員さんに「クレジットカード払い」の旨を伝える
  2. 自分で専用端末に差し込む、もしくは店員さんにクレジットカードを渡す
  3. クレジットカードがスキャンされる
  4. クレジットカードの返却、完了

最初は少し緊張するかもしれませんが、実際に使ってみると驚くほど簡単に支払いが完了しますよ。

コンビニで使うクレジットカードを選ぶポイント

コンビニで使えるクレジットカードのブランドはかなり幅が広く、ほとんどのカードを利用することができますが、お得に利用できるかどうかはそれぞれのカードによって異なります。

以下で、よりお得なクレジットカードを選ぶためのポイントをいくつか紹介するので、「これからクレジットカードを作る」という方は参考にしてみてください。

よく利用するコンビニに合ったカードを選ぶ

クレジットカードを作る際は、自分の利用シーンに適したクレジットカードを選ぶことが大切です。

例えば、「よくセブンイレブンに行くのに、ローソンのポイントが貯まりやすいカードを持っている」などの状態だと意味がありませんよね。

クレジットカードのメリットを最大限活かすためにも、よく利用するコンビニに合ったカードを選ぶようにしましょう。

利用可能な電子マネーを確認する

中には、コンビニが扱っている電子マネーへのチャージ&支払いでポイントの二重取りができるクレジットカードも存在します。

そのようなカードの場合は、最終的なポイント還元率も高くなるケースがほとんどなので、よく利用するコンビニが電子マネーを扱っているかどうか、事前に確認しておきましょう。

会員特典をチェックする

クレジットカードの中には、「特定の日に割引サービスがある」「特定の日はポイント○倍」などの会員特典がついているタイプもあります。

特にいつも利用しているコンビニで使えるような特典だと、コンビニでの買い物がさらにお得になるので、特典の内容はよく確認しておくことをおすすめします。

クレジットカードをコンビニで使うときのよくある質問

ここからは、コンビニでクレジットカードを使う時にありがちな疑問や、よくある質問をQ&A方式で紹介します。

Q:コンビニ振込用紙はクレジットカード払いできますか?
A:残念ながらコンビニ振込用紙を使った支払いは、クレジットカード払いすることができません。基本的には現金のみの扱いとなっています。

Q:サイン等がないのに不正利用はされませんか?
A:もちろん、クレジットカードが盗まれてしまうと、不正利用されてしまう可能性もあります。

とはいえ、クレジットカードには盗難保険がついているケースがほとんど。万が一不正利用されてしまっても、その分の金額は補償されますので安心してください。

また、コンビニ側でも不正利用対策として、高額での買い物の場合はサインを求めたり、換金性がある商品は現金のみで購入可能などの対策も行なっています。

Q:タバコは購入できますか?
A:基本的にはどのコンビニでも、クレジットカードを使って購入できます。

コンビニでクレジットカード利用まとめ

今回はコンビニで利用できるブランドや利用方法、コンビニ別にお得に利用できるクレジットカードについて紹介しました。以下まとめです。

  • 「VISA」「Mastercard」「JCB」の3種類であれば、どのコンビニでも利用可能
  • コンビニでクレジットカードを使う方法は簡単
  • クレジットカードを作る際は、よく利用するコンビニに合ったカードを選ぼう

コンビニでの支払いをクレジットカードで支払う最大のメリットは、やはりポイントの貯まりやすさ。

現金で支払いするよりもはるかにお得になるので、ぜひこの機会にクレジットカードの作成を検討してみてはいかがでしょうか?