クレジットカードの基礎知識

クレジットカード付帯の海外旅行保険と一般保険を比較!旅行にいくならこのカード!

クレジットカード付帯の海外旅行保険と一般保険を比較!旅行にいくならこのカード!

クレジットカードに付帯している海外旅行保険と一般保険、どちらを選択して海外旅行に行くか悩みませんか?

楽しい旅行のために、保険をつけて安心の状態で行きたいですよね。

クレジットカードか一般保険か、さらにどのクレジットカードを選択するかによって、事前の保険の準備や海外旅行での安心感は異なります。

この記事では、

  • 海外旅行保険付帯のクレジットカードの基礎知識
  • 海外旅行保険付帯のクレジットカードの選び方
  • 海外旅行保険付帯のクレジットカードと一般保険の比較

の順に解説していきます。

また、特別な機能が備わっている海外旅行保険付帯のクレジットカードも、いくつかご紹介します。

自分に合った、よりお得なクレジットカード選びの参考にしてください。

海外旅行保険はクレジットカードだけでも十分!?

クレジットカードの海外旅行保険だけで、補償が十分に受けられるのでしょうか?

答えは…
補償を十分に受けるには、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数持つことがおすすめ
です。

おすすめは、1枚でも、2枚目としてもアメリカン・エキスプレス・カード(アメックスカード)です。

一番ランクが低いアメックスグリーンでも、「傷害死亡保険」と「傷害後遺傷害保険」が5,000万円補償、ランクが高いアメックスゴールド・プラチナなら1億円補償もっとも高額な補償です。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
  • 国内・海外旅行保険が最高5,000万円補償
  • 国内28空港・海外2空港のラウンジ無料利用できる
  • 旅行に特化した豊富な優待特典

クレジットカードの海外旅行保険の合算が可能

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数持つことのメリットは、ここにあります。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険は、保険金の合算が可能なのです。
※「傷害死亡」「傷害後遺障害」は保有している複数のクレジットカードの補償金額の最高額が適用されます。

例えば、海外旅行保険付帯の「アメックスグリーン」と「楽天カード」の両方を持っていて、傷害治療費用がかかったとします。

それぞれの補償額は、

  • アメックスグリーン→最高100万円
  • 楽天カード→最高100万円

この2つの合計の最大値である200万円が補償されるということになります。

ではここで、他の補償対象の金額も確認してみましょう。

アメックスグリーン 楽天カード 2枚の合計額
年会費 1万3,200円 無料 1万3,200円
傷害死亡 ~5,000万円 ~2,000万円 ~5,000万円
傷害/疾病治療費用 ~100万円 ~100万円 ~200万円
救護費用 ~200万円 ~100万円 ~300万円
賠償責任 ~3,000万円 ~2,000万円 ~5,000万円

このように、各カードの補償に対して、補償金額を合算することができるのです。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
  • 国内・海外旅行保険が最高5,000万円補償
  • 国内28空港・海外2空港のラウンジ無料利用できる
  • 旅行に特化した豊富な優待特典

楽天カード

楽天カード
  • 年会費が無料で豊富な補償内容!
  • 旅行代金と交通費を楽天カードで支払えば保険適用なので簡単!
  • ポイントが貯まりやすい!

キャッシュレス診療が可能

多額のお金を持っていないのに、海外旅行中に病院に行く必要が出てきたら…と考えると、不安ではありませんか?

クレジットカードに付帯しているキャッシュレス診察があればそんな心配はいりません!

キャッシュレス診療とは、現地で医療費を自己負担しなくてよいサービスのことで、
クレジットカード付帯保険にもキャッシュレス診療が適用となるカードがあります。

キャッシュレス診療に必要な書類は、パスポート・クレジットカード・カード利用明細
(利用付帯のカードに限り必要)で、
診療を受けるためには先にカード会社の緊急デスクに連絡をし、診療の予約をしてもらってからになります。

キャッシュレス診察可能のクレジットカード

三井住友カード

三井住友カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 1,250円※
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 最短翌営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※インターネット申込で初年度年会費無料

  • 24時間電話でサポートをしてくれて、アクシデントが起きても安心!
  • 初めてクレジットカードを作る方でも作りやすい!
  • 業界最高水準の不正使用探知システムで、セキュリティ対策が万全!

JAL CLUB-Aカード

JAL CLUB-Aカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 11,000円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 通常4週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

  • 24時間電話でサポート!最寄りの病院を紹介してくれる!
  • 治療実費は、保険会社又は提携会社が直接病院に支払うため、帰国後の保険金手続きは不要!
  • 入会や搭乗時にボーナスマイル付与!

家族も補償可能

家族特約がついているクレジットカードなら、家族にも保険の対象になります。

補償額は会員本人よりも低いですが、自分が会員になれば家族も保険対象者になるのは、安心ではありませんか?

家族特約の大きなメリットは、会員本人が同行しない家族だけの旅行でも補償が適応されることです。

本会員のクレジットカードを携帯しなくても適応されます。

家族特約付きのクレジットカード

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 10,000円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 最短翌営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

  • 家族に対して最高1,000万円補償!
  • 特定のお店で最大5倍のポイント付与!
  • 空港ラウンジサービスが無料で利用可能!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 29,000円※
ポイント還元率 1.0%
発行時間 通常1~3週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

  • 家族に対して最高1,000万円補償!
  • ポイントを航空マイルへ移行可能!
  • 国内外約200のレストランにて所定のコースを予約で1名分無料!

海外旅行保険がついているクレジットカードの選び方

クレジットカードに付帯している海外旅行保険は補償額や補償の範囲・付帯の条件が様々です。

海外旅行保険が付いていることだけを把握していても、いざ必要になった時に利用できなかった、ということもあります。

保険が適応されるまでの違い、よく利用されている補償の種類などをしっかり理解したうえでクレジットカードを検討しましょう。

自動付帯と利用付帯の確認

保険が適応されるのには、2つの種類があります。

補償は足りているかを確認

クレジットカードを選択するにあたり、自分が求めているだけの補償があるかを確認することは重要です。

そこで補償を確認するポイントを2つ、ご紹介します。

個人賠償責任の補償

→賠償責任とは、自転車の事故や、店の商品を壊してしまったなど、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償される保険です。
楽天カードは最高2000万円に対し、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは最高4000万円というように、カードによって差があります。

治療費用の補償

→治療費用には、ケガが原因で診察を受けた時の費用を補償する傷害治療費用と、病気が原因で診察を受けた時の費用を補償する疾病治療費用の2つがあります。
実際に海外旅行保険の利用で多いのは治療費用です。
三井住友カードは傷害・疾病治療費用が最高50万円ずつに対し、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは最高300万円ずつ、と、大きい差があります。

この他に、クレジットカードを選択する上で、注意していただきたいのが、
病気死亡の補償がないことが多い
ということです。

旅行先で怪我をして死亡した場合の傷害補償はありますが、旅行先で病気によって死亡をしても補償されないことがほとんどです。

このように、カードによって差があるので、選択する時にはこれら のポイントを押さえるといいです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは補償額が高めで、特典も海外旅行をする人にはお得なものになっていますので、おすすめです!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • 家族に対して最高1,000万円補償!
  • ポイントを航空マイルへ移行可能!
  • 国内外約200のレストランにて所定のコースを予約で1名分無料

一般海外旅行保険とクレジットカード海外旅行保険を比較

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険と保険会社に保険料を支払って加入する海外旅行保険の違いの説明と比較をします。

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険と保険会社に保険料を支払って加入する海外旅行保険の大きな違いは、

  • 補償範囲と金額
  • 治療費の支払い方法
  • 補償期間の違い

です。

これに注目して比較を確認しましょう。

補償範囲と金額の比較

まず、保険会社とクレジットカードの海外旅行保険の補償範囲と金額を比べてみます。

保険会社(A社) アメックスグリーン
保険料/年会費 1万10円 1万3,200円
傷害死亡 3,000万円 ~5,000万円
疾病死亡 1,000万円 なし
傷害/疾病治療費用 無制限 ~100万円
救護費用 無制限 ~200万円
賠償責任 1億円 ~3,000万円
旅行事故緊急費用 5万円 なし

このように、同じくらいの保険料/年会費でも、補償されている内容と金額は大きく異なります。

補償内容は、傷害死亡以外は保険会社の方がすぐれていますので、安心感があります。

ですが、保険会社は海外旅行保険そのものが商品ですので、支払いを利便化させる商品のクレジットカードよりも補償が手厚いことは当然です。

むしろ、サービスの一つとして付帯しているクレジットカードにこれだけ補償があること、
更にはクレジットカードの方が補償額が大きい項目があることがすごいこととは思いませんか?

また、補償額がもう少しあった方が安心だな…と考えたときに、
するべきことはクレジットカードを2枚持つことです。

では、アメックスグリーンと楽天カードを2枚持った時の補償額を再確認してみましょう。

アメックスグリーン 楽天カード 2枚の合計額
年会費 1万3,200円 無料 1万3,200円
傷害死亡 ~5,000万円 ~2,000万円 ~5,000万円
傷害/疾病治療費用 ~100万円 ~100万円 ~200万円
救護費用 ~200万円 ~100万円 ~300万円
賠償責任 ~3,000万円 ~2,000万円 ~5,000万円

※「傷害死亡」「傷害後遺障害」は保有しているクレジットカードの補償金額の最高額が適用されます。

このように、年会費が無料である楽天カードを追加で持つことで、
お金をプラスで払うことなく、より手厚い補償受けることができます。

1枚の補償金額では物足りなさを感じても、もう1枚持つことでそれが解消できるので、おすすめです。

楽天カード

楽天カード
  • 年会費が無料で豊富な補償内容!
  • 旅行代金と交通費を楽天カードで支払えば保険適用なので簡単!
  • ポイントが貯まりやすい!

続いて現地でのトラブルの対応について解説します。

現地でのトラブル対応は充実しているか?

海外旅行に行くということは、現地で何かしらのトラブルが発生する可能性があります。

クレジットカードはどこまで補償できるのかといいますと…

海外旅行保険 クレジットカード
現地の医療費の
キャッシュレス
空港での
手荷物遅延の補償
×
航空機遅延時の補償 ×

このように、クレジットカードには空港に関する補償はほとんどの場合はありません。

しかし、ここまで述べたように、最低限の補償はクレジットカードにはあるので、保険をつけながらも旅行費用を抑えられます。

クレジットカードを複数枚持つことによって、更に手厚い補償が受けられるようになるので、保険会社より不便というわけではありません。

治療費の支払い方法・使い方

クレジットカード付帯の海外旅行保険の場合、病院で受診料を一旦立替払いし、帰国後に保険金を請求する必要があるケースが多いです。

一方一般保険会社の場合、治療費を自己負担する必要なく治療が受けられることが多いです。

しかし、クレジットカードにも受診料を立替えずに済む方法があります。

それは、キャッシュレス診察が可能なクレジットカードを選択することです。
これなら、保険会社が病院に直接支払うため、立替える必要がありません。

三井住友カード

三井住友VISAクラシック
  • 24時間電話でサポートをしてくれて、アクシデントが起きても安心!
  • 初めてクレジットカードを作る方でも作りやすい!
  • 業界最高水準の不正使用探知システムで、セキュリティ対策が万全!

JAL CLUB-Aカード

JAL CLUB-Aカード
  • 24時間電話でサポート!最寄りの病院を紹介してくれる!
  • 治療実費は、保険会社又は提携会社が直接病院に支払うため、帰国後の保険金手続きは不要!
  • 入会や搭乗時にボーナスマイル付与!

補償期間の違い

クレジットカードの海外旅行保険が適用になる期間は出国から90日です。

91日以降も保険を適用するために海外旅行保険と組み合わせる、ということもできません。

保険会社の海外旅行保険は日数を選択でき、日数によって保険料金が変更になります。

もし、91日以降も保険を適用したい場合は、海外旅行保険に加入しましょう。

持病(既往症)でも補償されるか?

クレジットカード付帯海外旅行保険のほとんどが、既往症(持病)については、補償の対象外です。

補償したい場合は、別途で補償を特約としてつけられる海外旅行保険に加入する必要があります。

海外旅行保険付きクレジットカードのまとめ

今回は、海外旅行保険付きのクレジットカードについてと、それと一般海外旅行保険の比較についてまとめました。

  • 海外旅行保険付帯のクレジットカードを複数枚持つことで、十分な補償を受けられる
  • キャッシュレス診察や家族にも補償が適用されるカードもある
  • クレジットカードの海外旅行保険の適用期間は90日のみなことに注意

海外旅行保険つきのクレジットカードには上のような特徴があります。

自動付帯か利用付帯か、補償内容は十分かを見極めてクレジットカードを選択してください。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 12,000円
ポイント還元率 0.333%~0.4%
発行時間 約2~3週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース