クレジットカード審査についてのあれこれ

クレジットカード 総量規制

クレジットカードと総量規制の関係とは・・?

総量規制とは、平成22年施行された「改正貸金業法」によって新たにできた仕組みです。

総量規制導入前には、返済不可能な多額の借入をした多重債務者や破産者が増えるという社会問題が深刻化していました。

総量規制導入後、貸金業者からのローンやキャッシングでの貸し過ぎや借り過ぎを防ぐとともに、グレーゾーン金利*が撤廃され上限金利29.2%が20%にまで引き下げられました。

(*グレーゾーン金利=利息制限法が定める金利(15~20%)を超えるが出資法で罰則を定めている金利(29.2%)未満なので罰せられない高金利)

現在では、利用者の利益保護を目的とした「総量規制」により、貸金業者(消費者金融会社、クレジットカード会社、信販会社)は、利用者に対して年収の1/3を超える貸付をすることが原則として禁止されています。(規制の対象外・例外はあります)

なお、「総量規制」とは「貸金業法」への適用ですから、「割賦販売法」が適用となる個別割賦販売(自動車ローン等の割賦払い契約)や、総合割賦販売(カードのショッピング枠など、2ヶ月以上で3回以上の分割やリボ払い契約)には適用されません。

「総量規制」の対象となるのは、無担保で融資を行う「クレジットカードのキャッシング」や「(銀行カードローン以外の)カードローン」となっています。

「総量規制」が導入されてから、借入している消費者金融やクレジットカード会社等に「所得証明書類などの収入が確認できる書類」

を提出した人も多いのではないでしょうか。

所得証明書などの提出が必要になる人は以下の2つのパターンがあります。

1. 借入枠および借入金額の合計が100万円を超える人。カードローンやキャッシング借入枠が1社につき50万円を超える人。

2. 専業主婦の場合、配偶者(夫)の収入を証明する書類(源泉徴収票・所得証明書など)

専業主婦の場合について詳しく説明しますと、与信審査時の総与信(貸付限度額)は、配偶者貸付といい、配偶者(夫)の年収の3分の1までの借入れとなります。

例えば、夫の年収が360万円だとすると、いくら主婦本人に返済能力があると言っても、借入限度額は120万円が上限となってしまいます。

ですから、所得証明書を送ったところ、限度額が減ってしまった、という人も少なくないと思われます。

また、各社からの借入額が合計で100万円を超えている人は、CICやJICCなどの「信用情報機関」への情報照会(途上与信)が3ヶ月に一度行なわれます。

さらに、キャッシングやカードローンの利用額が1ヶ月あたり5万円を超えている人は、途上与信が毎月行われ、その人に返済能力があるかどうか?を調査されます。

なお、この「総量規制」は、クレジットカード会社や消費者金融会社のカードローンやキャッシングが対象となっており、

「銀行カードローン」「住宅ローン」「車のローン」などは「対象外」とされています。

総量規制について、さらに詳しく解説しますと、これは 1.消費者金融 2.クレジットカード会社 3.信販会社

これら3つの貸金業者からの借入れが対象とされており、例えば事業資金など、個人事業主が事業を継続するために受ける融資は対象外となります。

総量規制の対象外となる金融機関は以下の通りです。

銀行・信用組合・信用金庫・JA・証券会社・保険会社・労働金庫

これら総量規制の対象外である金融機関では、貸付は年収の1/3まで、といった規制がありませんので、安定した高い年収があり、返済能力が高いと審査されれば年収の1/3を超える額の融資を受けられますので、もし高額な貸付を希望する人は挑戦してみることをオススメします。

ひとつ注意するとしたら、貸付限度額を増やす目的で「源泉徴収票作成代行サービス」などというものを利用するのは絶対にやめてください。

金融機関各社では、申込者が提出した書類を信じるしかないのですが、どこからかそういった情報が入ってウソの書類とばれた場合、即強制退会・全額返金となります。

担保もなくクレジットカードが利用できるのは「信用」があるからです。ウソやごまかしは、その信用をなくすことと同じで自らの首を絞めることになります。

総量規制がクレジットカードに影響するのはどんな時ですか?

最も影響があるのは、他社からすでに年収の3分の1にあたるような借入残高がある人です。この場合、新規でカード申込みしてもほとんど100%審査に落ちると思います。

クレジットカードは、ショッピングでの利用が主な目的であるため(代金の立て替え・後払いが利用者にとってのメリット)、発行前に他社にてすでに年収に対してある程度の借入がある場合には「貸倒れ」のリスクが大きいとみなされ、当然カード発行はされにくいものです。

ですが、カード会社の中には、総量規制ギリギリの借入残高があったとしても、クレジットカードを発行してくれる会社も存在しています。

ですから、なんとしてもクレジットカードが欲しい・・と思う人は、そのような会社を調べてチャレンジしてみることをオススメします。

この場合、審査に通過させるコツとしては、申込み時に「キャッシング枠をゼロにする」ことをオススメします。これはなぜかと言いますと、「アメックス」のようにキャッシング機能がついていないクレジットカードも一部ありますが、日本国内で発行されているクレジットカードのほとんど、約95%には「キャッシング枠」が設定されているからです。

年収に対してある程度の借入がすでにある場合、例え「クレジットカード発行OK!」となったとしても、キャッシング枠はほぼゼロに近い金額になる確立が高いので、ここは申込みの時点で謙虚にゼロ申請をして、審査前に好印象を与えておくのが得策です。

このような総量規制に引っかかりそうな人や、個人信用情報機関に延滞などの事故歴がある人は、特に審査に幅を持たせてくれると評判の「消費者金融系カード」を持つことで、まずは信用を積み立てることから始めてみてはいかがでしょうか。