クレジットカード審査についてのあれこれ

キャッシング カードローン 審査

カードローン残高が残っています。もうカードは作れませんか?

多額のキャッシング残高やカードローン残高が残っていたりする人は、「それらの残高についてかなり不安に思う傾向」が強く、

インターネット上のQ&Aや掲示板で、以下の様な質問をよく目にします。

「カードローン残高がまだあるが、他社のカードは作れますか?」
「カードローン残高がある人でもクレジットカードは発行してもらえる?」

自動車や高級ブランド品の分割払い、消費者金融からのキャッシングなど、このようなローン残高が残っている人がクレジットカードの申込みをする際、審査に最も大きく影響するであろうと考えられるのは、「クレジットカードのキャッシング残高」や「消費者金融からの無担保ローン」です。

そのような「クレジットカードのキャッシング残高」や「銀行・消費者金融からの無担保ローン」がある場合、クレジットカード会社としては・・。

「ローンを利用しないといけないのは、今の収入の範囲内で生活することができないからだろう・・」という、非常に生活に困っている状態を想像します。

これはローンやキャッシング残高によって違いがありますが、小額の借り入れ「1~20万円程度の借入れ」の人と、多額の借り入れ「80~100万円、さらにそれ以上の残高」の人がいた場合、言うまでも無く後者の「多額の借り入れ」がある方が「よっぽど生活に困っているのだろう・・」と想像されることから、審査にはかなり不利になります。

「常識のある社会人」として、「借入額を申込書に正確に記入する」ことは、とても大切な事と言えるでしょう。

にも関わらず、借入額を記憶にあるだいたいの金額で記入してしまうような人は、クレジット会社から見ると「自分が借入れた金額すら分からない、信用ならない人・・」と思われ、審査を行う上で非常にマイナスな印象を持たれてしまいます。

クレジットカード会社においては、CICやJICCなどの個人信用情報機関に情報照会を行い、申込者の借入金額を正確に把握できます。

ですから、申込書に「借入金額=ナシ」と記入しても、実際の借入金額がすっかりあきらかになるのは時間の問題なのです。

個人信用情報には、クレジットカード審査に欠かせない「貸金業者名」や「クレジットカード利用履歴(クレジットヒストリー)」から、

「融資金額などの残高照会」、「利用可能枠(借入可能額)」、「返済期間」、「ローン返済率」、異動情報、

さらには「金融事故情報(自己破産などの債務整理・ブラック情報・ブラックリスト・破産情報)」まで、さまざまな情報をチェックすることが可能です。

ローンやキャッシングの利用残高があまりにも多すぎるために、「私の個人信用情報がどうなっているのかとても心配です・・」と思った人は・・。

まず、JICCやCICなどの個人信用情報機関に情報開示請求をして、「信用情報開示報告書」を取り寄せて自分の目で確認し、それからご自分の現状に見合うようなクレジットカード会社に申し込むことも必要なことだと言えるでしょう。

今現在、ローンやキャッシングを利用している人にとっては、「デビットカード」などはいらないもののように思われてしまうかもしれません・・。

しかしながら、「クレジットカードやキャッシングを利用するのは、もう限界かもしれない・・!」という危険な状況になってしまった場合には・・。

「一括返済」を行って現在の借入額をなるべく減らす、もしくは借金とは異なる「デビットカード」を利用することで、「身の丈にあった消費行動の訓練をする」ことが重要ではないでしょうか?

審査に落ちてしまうのはどんな場合ですか?

ここでは、審査に落ちる可能性が高い順に説明してみたいと思います。

まず始めに、中小規模の消費者金融から借入を行っている場合には、審査に落ちる可能性が高くなります。

と言いますのは、これら消費者金融系の事業者は、「貸金業登録業者」として個人信用情報機関の「JICC」に登録していますので、クレジットカード会社が「JICC」に情報照会した際に「消費者金融から借入を行っている事実」が判明すると、「消費者金融のローンを利用している人は、属性が弱く収入の面も安定していない場合が多い・・」と判断されてしまうからです。

このように、一般の人がよく利用しているような「クレジットカード会社のローン」や「銀行系カードローン」、「無担保ローン」などを組めないような、「何かよくない事情がある人なのか?」という疑念を持たれてしまうような状況となるのです。

このよくない事情についての詳しい証拠となる、個人信用情報については、「JICC」に照会することでその人の支払い状況から借入残高まで分かってしまいます。

ですから、その内容がはっきりしたところで「この人にとって、これ以上の返済は困難だろう(貸し倒れになりそうだ)・・」と判断され、クレジットカードの発行は見送られることになってしまいます。

例を挙げて解説しましょう!

Aさん・・・大手企業の正社員、勤続年数4年(ヘッドハンティングで転職した)、年齢53歳、年収570万円、住宅ローンなし、

消費者金融系5社から借り入れ合計170万円だが支払い遅延はない、自動車ローン残高が100万円あるが支払い遅延はない。

このような属性であるAさん、「大手企業の正社員で年収が570万円」という部分だけ見れば、クレジットカード審査には通るような属性にあると思われます。

ですが、そのようなAさんなのに、なぜか銀行などではなく「消費者金融系」からの借入金額が170万円もあり、

貸付限度額を法律で規制している「総量規制」ギリギリのライン「年収の3分の1=約190万円」にあと20万円のところにきています。

それが原因で、これほど属性が良いにもかかわらず、クレジットカードの審査においては不利(与信不可能)となってしまうのです・・。

この場合の解決策としては、まず消費者金融からの借入金額を減らすこと、それがクレジットカードの申し込みをする前に必要な行動となるかと思います。

このAさんのように、「消費者金融系から借入している」このことがクレジットカード審査に悪い印象を与えていると言えますが・・。

クレジットカード審査の際に、悪い印象を与える確立が高い借入を左から順に並べると、以下のようになります。

信販系カードローン→クレジット系カードローン→銀行系カードローン

基本的に、クレジットカード会社では、ローン利用者に対しては「身の丈にあった堅実な生活ができない人」という悪い印象を持っているものです。

その人が将来、たくさん借りてきちんと返済してくれる優良な顧客になってくれるかもしれないとしても、一方で「貸し倒れになるかも・・」というリスクが見え隠れしている点で、「この人へのカード発行は見送ろう・・」と判断したくなるのです。

たくさんのローンを抱えて審査が心配だと思う人でも、これまで多くの悩める人々を救済してきた「奇跡の一枚」なら、無事にカード発行された人々も大勢いるため安心してオススメできます。