クレジットカードの審査

クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法|カード審査への影響はある?

クレジットカードには、カード会社が一時的に代金を立て替えてくれる「ショッピング枠」と、現金を借入することができる「キャッシング枠」があります。

基本的にはショッピング枠をメインで利用する方が多いと思いますが、キャッシング枠はいざというときの出費にとても役立つんです

この記事では、キャッシング枠を利用したいと思っている方に向けて、キャッシング枠の審査のポイントや、キャッシング枠がカード審査に及ぼす影響キャッシング枠を利用する人におすすめのクレジットカードを紹介します。

キャッシングメインで利用したい方におすすめのクレジットカードは、記事の中ほどで紹介しています。今すぐ知りたいという方は、こちらのリンク↓からジャンプすることができますよ。

▶キャッシングにおすすめのクレジットカードはこちら!

クレジットカードキャッシング枠の審査基準

審査なしでキャッシングは可能?

クレジットカードのキャッシング枠を利用するには審査が必要です。新しくクレジットカードを申し込む際、ショッピング枠と同時にキャッシング枠の審査も行われます。

もし、入会時にキャッシング枠の審査に通っていれば、その後はいちいち審査せずATMなどで即日お金を借りることができます。キャッシング枠なしで申し込んでいた場合は、キャッシング枠を付けるときに再度審査が必要です。

ショッピング枠の審査との違い

ショッピング枠の審査に通ったからといって、必ずしもキャッシング枠の審査に通るとは限りません。

ショッピング枠とキャッシング枠の審査は別々に行われ、審査の基準にも違いがあるのです。ショッピング枠の審査は、申込者の過去の金融事故を主にチェックしますが、キャッシング枠の審査では金融事故歴に加えて収入状況も詳しくチェックします。

ショッピング枠の場合、楽天カードやイオンカードなどの比較的審査が通りやすいカードであれば、学生や専業主婦など自身に収入のない人でも審査に通過することが可能です。一方キャッシング枠は、自身に収入のない人は審査に通過することができません

どれくらい収入が必要かという明確な基準はありませんが、10万円程度のキャッシング枠であればパート・アルバイトでも審査に通る可能性があります。

総量規制に注意

キャッシング枠の限度額には、総量規制が適用されることに注意が必要です。

総量規制は貸金業法によって定められていて、クレジットカードやカードローンなどで借入をする場合、合計金額を年収の3分の1以内に収めなければならないという決まりになっています。

そのため、すでに他のクレジットカードのキャッシング枠やカードローンで借入をしている場合、年収からそれらの借入金額を引いた分だけ、新しくキャッシング枠を付けることができるということになります。

ショッピング枠とキャッシング枠を同時に利用する場合、利用限度額に気を付けましょう。
例えばショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円の場合、クレジットカードの利用限度額自体が30万円となります。つまり、ショッピング枠を30万円いっぱい使ってしまうと、キャッシング枠は使えなくなるということです。一方、キャッシング枠を10万円使うと、ショッピング枠に使えるのは残りの20万円分ということになります。

キャッシングにおすすめのクレジットカード

ここでは、キャッシング枠を重視する方におすすめのクレジットカードを紹介します。

キャッシング機能付きクレジットカードを選ぶ際は、「利率が低いかどうか」「キャッシング枠の限度額が大きいかどうか」といったポイントに注目するとよいでしょう。

ACマスターカード

キャッシングを一番重視したい方におすすめなのがこちらのACマスターカードです。大手消費者金融のアコムが発行しているため審査が通りやすく、パート・アルバイトでもキャッシングを利用することが可能です。

キャッシングとショッピングの限度額合計は800万円、キャッシングの利率は3.0~18.0%となっています。ショッピングリボ払いの利率は10.0~14.6%と低めなので、リボ払いをメインに利用したい方にもおすすめです。

また、ACマスターカードは外貨両替の利用にも最適です。海外キャッシングを利用すれば、通常の両替よりも安い手数料で現地の通貨を引き出すことができます

ACマスターカードの公式サイトでは「3秒診断」というサービスを提供していて、自分の年齢・年収・借入状況を入力するだけで瞬時にカード発行が可能かどうかを判断してくれます。
カード発行できるか知りたい!という方は、ぜひこの3秒診断を活用して申し込んでみてくださいね。

ACマスターカード

ACマスターカード
  • 年会費永年無料のキャッシング機能付きクレジットカード
  • 独自審査だから審査が不安でも大丈夫
  • 無人契約機で即日発行可能!その日のうちにカードが手に入る!

ライフカード

大手消費者金融アイフルが親元のライフカードも、審査に通りやすいクレジットカードとして有名です。ACマスターカードのように消費者金融から直に発行されているわけではないので、消費者金融のカードだとバレたくない人におすすめでしょう。

キャッシングの利率は100万円未満で18.0%、100万円以上で15.0%となっています。カード自体の利用限度額は200万円で、うちキャッシングの限度額も200万円です。

ライフカード

ライフカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
発行時間 3営業日以内
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

過去に延滞の経験がある方や、他社カードでのキャッシングが多く審査が不安な方には、こちらのライフカード(デポジット)がおすすめです!

入会時に利用限度額分の保証金(デポジット)を預けるシステムになっているため、通常のカードでは審査に落とされてしまうような方でも入会できる可能性が高いです(保証金は退会時に返金されます)。

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
  • クレジットカードの中でも特に審査が通りやすい
  • 国内・海外旅行保険弁護士無料相談サービス付き
  • カードの機能は通常ライフカードと一緒!券面も同じだからバレにくい

キャッシングだけならカードローンがおすすめ

中には、「クレジットカードで買い物をすることはないので、キャッシングだけ利用できれば良い」という方もいるかもしれません。そういった方には、消費者金融や銀行が扱っているキャッシング専用の「カードローン」がおすすめです。

カードローンの目的は現金の借入だけなので、「とにかくお金だけ借りられれば、それでいいです」という方にはぴったりと言えるでしょう。

クレジットカードと異なり、カードローンは「最短即日審査」という非常に便利で頼もしいサービスを提供しているケースが多いので、「急な入用で融資を早くしてほしい」という方にもおすすめです。

審査の通りやすさなら「プロミス」

各金融機関によって申込み条件や金利設定が異なりますが、年齢や年収などの属性面で心配な方には、こちらのプロミスなどの消費者金融系をおすすめします。

年齢は20歳以上、年収は毎月安定した収入があれば申込が可能です。学生や主婦でも、パート・アルバイト収入があれば審査に通る可能性はあります。

また、初めての契約なら「最大30日間利息0円サービス」を受けられるので、短期間だけお金を借りたいという方に特におすすめですよ。

↓公式サイトはこちら↓

プロミス

利用限度額 500万円
利率 4.5~17.8%
融資時間 最短即日

なるべく低金利で借りるなら「みずほ銀行カードローン」

「少しでも金利を低く抑えてキャッシングしたい!」という方には、みずほ銀行カードローンがおすすめです。最高金利は14.0%で、カードローンの中でも特に低い金利となっています。

申し込んでからキャッシングができるまでの期間は最短で翌営業日となっていますが、発行に1週間程度かかるクレジットカードよりも早く借入が可能です。

↓公式サイトはこちら↓

みずほ銀行カードローン

利用限度額 800万円
利率 2.0~14.0%
融資時間 最短翌営業日

キャッシング枠はクレジットカード審査に影響する?

クレジットカードの主な使用目的は、「買い物をする際に現金で支払う必要がなく、後日指定された口座から引き落としという形で支払い(決済)が行われる」というようなショッピング機能が中心となります。

近年のクレジットカードの約95%には、「キャッシング枠(カードローン枠)」が付けられており、ATMから借入できる便利なカードになりました。

審査に不安があるけれどどうしてもクレジットカードが欲しい人は、「キャッシング機能が必要ない」と思うのであれば、申込みを記入する際に「キャッシング希望枠(C枠)=0円」にしましょう。

申し込みをした時点で、他社カードローンやキャッシング等の利用残高がある人は、新しいカード審査にかなり影響します。

現在キャッシングを利用している人が追加でカードの申込みをする場合には、傾向として「お金(資金繰り)に困っている」という場合が多いものです。なので、各クレジットカード会社では「貸し倒れのリスクを回避したい」と考え、「キャッシングを既に利用している人はリスクがある」とみなされてしまうのです。

カード審査にキャッシングが影響を及ぼすのはなぜ?

それでは、どうして、カード審査にキャッシングが影響を及ぼすのか?について説明したいと思います。

先ほど述べたように、キャッシング利用中の人が追加でカードを申込みすると、カード会社にとっては「お金に困っている人」と見なされ審査上とても不利になります。

その他にもキャッシング利用中の人は、貸金業法により、「既存の借入残高」+「新規申込み先のキャッシング枠」が「年収の3分の1」までに制限(総量規制)されてしまいます。

これにより、新規申し込み先へキャッシング枠を希望した際に、総量規制(年収の3分の1制限)に抵触するため、審査に通らなくなります。

従って、先ほどのような審査に不安がある人は、キャッシング希望枠をできるだけ「0」にしてください。

また、既存の借入残高が100万円を超える場合と1社につき50万円を超えるキャッシング枠を希望する場合には、カード会社には「利用者の年収把握義務」が発生するのです。このため、利用者の収入証明書の提出が必須となってきます。

年収は審査において重要な項目となるため、年収が120万~200万円に満たない場合には審査落ちしてしまう場合があります。特に銀行系や外資系、ゴールドカードなどは審査難易度が高いので気を付けましょう。

キャッシング借入のある人が、新規カードに申し込む方法とは?

今現在、借入をしている人が、新しくカードを申込む際には、「キャッシング枠=0円」と記入して下さい

クレジットカードキャッシング枠を、比較的高めの30万円から50万円程度にしたいと考えていたとしても、「私はお金に困っていませんよ」とアピールする意味で「10万円」とするなど、低い金額に設定した方が良いでしょう。

申込書にキャッシング枠を記載する際に「0円もしくは少ない額」にして、「私はカードの申込みをしますが、これはショッピング枠が目的で、キャッシング目的ではないのです」という姿勢や気持ちを前面に出してアピールした方が良い結果に繋がりやすいのです。

もしカード会社側から 「すでに他社からの借入額が60万円もあるのに、更にウチから追加で50万円を借りようとしているのだな」と判断されてしまうと、クレジットカードは発行されにくくなるでしょう。

クレジットカード会社では、申込者の想いなどは考慮にいれず、近年はコンピュータによる自動審査で機械的に判断をしています。

ですから、いかなる事情があって申し込みをする場合でも、「クレジットカード会社に疑念をもたれるような記載はできるだけ控える」という姿勢が大切と言えるでしょう。

ここから話は変わりますが・・・。

利用しないキャッシング枠やクレジットカードなどは、「たとえ持っていても、価値がないもの」だと言えます。

勤続年数や年収などの部分で属性の低い人が住宅ローンの申し込みをする際に、金融機関や銀行の中には、このような指示をするところもあるのです。

「自動車ローンの全額返済が融資の条件です」
「現在お手持ちのカードでキャッシングしたものを全額返済してください」

このようなお金を貸す金融機関側の感覚を理解した上で、「それでもクレジットカードを作りたい」とか「それでもキャッシング枠を増やしたい」などと希望する人には、審査が通りやすいことから人気が高い、消費者金融系アコムのクレジットカードがおすすめです。

実際のカード審査においては、申込書に記載されている本人属性(年収、勤続年数など)のスコアリング、個人信用情報機関への事故情報(ブラックリスト)や利用履歴の照会、勤務先への在籍確認を経て、「不正利用もなく返済能力もありそうだ・・・」と思われる人にカードが発行される仕組みとなっています。

「申込みをするのに、想定しなければならない事がいろいろあって面倒だ・・・」

このようなイメージを抱える人もいるようですが、まず念頭において欲しいのが「自分はカード会社に支払いの立替をしてもらう立場なのだ・・・」ということです。

クレジットカードキャッシングの審査まとめ

クレジットカードのキャッシング枠を付けてもらうことは、それほどハードルの高いことではありません。年齢制限を満たしており、きちんと毎月安定した収入を得ていれば、審査に通ることは可能です。

キャッシングをメインに利用する方は、利息負担が大きくなりすぎないよう、きちんと計画を立てて早めに返済していくようにしましょう。