キャッシング

審査が甘いカードローンがない理由!審査に通るためのポイントを解説

審査が甘いカードローンがない理由!審査に通るためのポイントを解説

カードローンに申し込むと必ず審査が行われます。

審査に通ることができればいいですが、時には審査に落ちることも。そのため、審査に不安がある方は「できれば審査が甘いカードローンに申し込みたい」と考える方も多いのではないでしょうか?

ただ、残念ながら審査が甘いカードローンは存在しません。

カードローン会社から審査基準は公開されていないので、審査が甘いカードローンだと評判だったとしても、実際に審査通過できるかどうかは申し込んでみなければ分かりません。

そこで今回は、審査が甘いカードローンが存在しない理由と、どんな借入れ先なら審査に通りやすいのかといった情報を詳しく解説します。

「審査に通れるか不安…」という方は、この記事を読むことで審査に通る可能性を少しでも上げることができるので、ぜひご一読ください。

審査が甘いカードローン会社が存在しない理由

審査の甘いカードローン会社が存在しない理由としては、大きく分けて以下の2つの理由があります。

  1. 審査を甘くした分、消費者金融などのカードローン会社は貸倒れのリスクが高くなる
  2. 「審査が甘い」「審査に通りやすい」等のワードが景品表示法や貸金業法の誇大広告にあたり貸金業法第16条で禁止されている
審査を甘くした分、消費者金融などのカードローン会社は貸倒れのリスクが高くなる

1つ目に関しては簡単な理由ですね。審査を甘くして誰にでもお金を貸してしまうと、その分、返済不能な状況に陥った人からお金を返してもらえないリスクも高まります。

カードローン会社は利息で収益を得ているので、お金を返してもらえないと当然利息の収益もなし。それだと会社としても困ってしまうので、返済能力の有無を見極めるためにも審査はしっかり行っています。

「審査が甘い」「審査に通りやすい」等のワードが景品表示法や貸金業法の誇大広告にあたり貸金業法第16条で禁止されている

審査の甘いカードローン会社が存在しない理由の2つ目が法律の存在。金融業に関する法律「貸金業法第16条」では、以下のように定められています。

貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。
引用元:e-gov

このように、「審査が甘い」「審査に通りやすい」というような、誤解されやすい内容で広告を出してしまうこと自体が法律違反。違反してしまうと最悪の場合業務停止命令が下されてしまうこともあります。

「ブラックOK」は闇金なので注意!

中には「ブラックOK!」のように、誰でも審査に通れることをアピールして広告を出している業者もいますが、このような業者はほとんどの場合、違法な闇金です。

闇金でお金を借りてしまうと、過剰な取り立てにあったり、法外な利息を要求されるなどの被害に合う可能性が高く、犯罪に巻き込まれてしまうケースもあります。

そのため、違法な闇金はもちろん、広告を見て「なんか怪しいな」と感じた業者は利用しないようにしましょう。

申込み前に事前審査ができるカードローン

カードローン会社によっては、申し込み前に融資を受けられるかどうかを、公式サイトで事前に確認することができます。

確認する方法もとても簡単。公式サイトにある診断ツールで、年齢、雇用形態、年収、他社借入金額などの項目を入力するだけで、申込前に融資可能かどうかを数秒で確かめることが可能です。

事前に融資可能か確認しておくことで、審査に落ちてしまうことを防ぐことができるので、診断ツールが用意されている場合は積極的に利用しましょう。

また、申し込み前に融資可能かどうかを診断することができる消費者金融を以下で紹介しますので、審査に不安がある方はぜひ一度試してみてください。

プロミス

プロミスの申込み前診断は、公式サイトにある「お借入シュミレーション」から利用が可能です。

具体的には、「生年月日」「年収」「現在の他社借り入れ金額」の3項目を入力するだけで確認することが可能。結果に満足した場合は、結果表示画面からそのまま申込むことができます。

もちろんカードローンの内容も充実しており、カードレスで利用できるアプリローンや、30日無利息期間等の魅力的なサービスが人気のカードローンです。

プロミス

プロミス
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
  • Webからの契約なら最短1時間融資可能!
  • 30日間利息0円!(初めての契約でEメールアドレスを登録しWeb明細を確認した方)
  • Webで完結!郵送物なし!カードレス!

アコム

アコムには、3つの簡単な質問に答えるだけで融資可能かどうかを事前に診断してくれる「3秒診断」という診断ツールが用意されています。

「年齢」「年収」「他社借入金額」を入力するだけなので、その名の通り3秒で診断可能。名前などを入力する必要もないので、気軽に診断することができますよ。

また、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループが運営しているということもあり、信頼感は抜群。カードローンの利用が初めての方でも安心して利用できることで評判です。

アコム

アコム
融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短30分
  • テレビCVでもおなじみの無利息期間30日!
  • メールアドレスの入力不要で3秒簡易審査できる!
  • 本審査の回答も最短30分と短い!

レイクALSA

レイクALSAでは「生年月日」「年収」「他社からの借入件数」「現在の他社借入金額」の4つの項目を入力することで、事前に借入可能か診断することができます。

また、条件が合えば180日間の無利息期間が適用されるなど、無利息サービスがとても充実しているので、「利息の負担を抑えたい」という方にはおすすめのカードローンです。

レイクALSA

レイクALSA
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 お申し込み後、最短15秒審査
  • 最短15秒で審査結果が分かる!
  • 最短60分融資が可能(*1)
  • ATM手数料が無料!

カードローンの成約率が高ければ審査は甘め

成約率とは、カードローンの申込者に対して「どれだけの人数が新規契約したかを表す割合」のことです。
単純に成約率が高ければ高いほど、「審査に通過した人が多い」ということになるので、審査の難易度を確かめる一つの目安になります。
ちなみに、代表的なカードローン会社の成約率は以下の通りです。

代表的なカードローン会社の成約率(2019年4月~6月の平均値)
  1. アコム…45.73%
  2. プロミス…45.25%
  3. アイフル…43.16%
  4. レイクALSA…30.20%

成約率だけで見ると「アコム」「プロミス」が約45%と、一番高い成約率となっています。

とはいえ、成約率は時期によってもある程度変動するので、あくまでも目安の一つとして確認しておきましょう。

金融機関別!カードローンの審査特徴

ここからは、「大手消費者金融カードローン」「銀行カードローン」「中小消費者金融カードローン」の3つの借入先の審査の特徴を紹介します。

それぞれの審査の特徴を知っておくことで、審査に通る可能性を上げることができますし、自分が申し込むべき業者も自然と決まってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、カードローンの利用が初めての方や、今までに延滞や債務整理などの金融事故がない場合は、銀行カードローンや大手消費者金融の利用がおすすめ。

一方、すでに銀行カードローンや大手消費者金融を利用してしまっている方や、過去に金融事故などの経歴がある方は、中小消費者金融を利用するのがおすすめされています。

大手消費者金融の審査は信用情報以外には柔軟

大手消費者金融は、審査の際に信用情報を重視して審査を行っています。

信用情報には延滞や現在の借入状況、債務整理の経歴などが記載されているので、過去の信用情報に自信がない場合は大手消費者金融はおすすめできません。

とはいえ、信用情報以外のステータスはそこまで重視されないので、派遣社員や契約社員、アルバイトなどの年収が低い方でも、信用情報にさえ問題がなければ比較的審査にも通りやすくなっています。

ちなみに「審査が不安」という方に特におすすめしたいのが、大手消費者金融のプロミスです。

プロミス

プロミス
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
  • Webからの契約なら最短1時間融資可能!
  • 30日間利息0円!(初めての契約でEメールアドレスを登録しWeb明細を確認した方)
  • Webで完結!郵送物なし!カードレス!

プロミスは柔軟に審査を行ってくれることで知られており、信用情報に問題が無ければアルバイト・パートなど年収が低い方でも利用できることで人気な大手消費者金融です。

審査時に不明点等があれば、フリーダイヤルでの質問も受付していますし、女性でも安心して電話ができるように女性専用のフリーダイヤルも用意されています。

また、チャットでの質問にも対応しているので、「審査について相談、質問したいけど電話は苦手…」という方にもおすすめですよ。

銀行カードローンの審査は厳しいのか?

銀行カードローンに対して、「銀行カードローンは審査が厳しい」というイメージを持っている方も多いかと思います。

とはいえ、以下の条件を満たしている方であれば、アルバイトや派遣社員でも銀行カードローンを利用することは可能です。

  1. 過去の信用情報に問題がない
  2. 安定した収入がある
  3. 他社借入金額が少ない

ちなみに、「安定した収入がある」とは言っても、高額な年収を求められるわけではなく、定期的に収入がある方であれば特に問題ありません。

また、中にはある条件を満たすことで優遇審査を受けることができる銀行カードローンもあります。

例えば、楽天銀行カードローンは楽天会員を優遇審査しているなど、独自の審査基準を持っているので、比較的審査にも通りやすい部類だと言われています。

このように、探せば意外と優遇審査を実施しているカードローンもあるので、優遇審査を受けることができる方は、チャレンジしてみる価値はあるかもしれませんね。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
  • 楽天会員の審査優遇で安心!
  • 楽天銀行の口座がなくても利用可能!
  • 楽天IDがなくても利用可能!

地方銀行なら安定した収入が自分になくても審査可決できるカードローンあり

地方銀行の場合、自分の収入がない専業主婦や年金受給者でも利用することができるカードローンもあります。

専業主婦や年金受給者でも利用できるということは、それなりに審査にも通りやすいカードローンである可能性が高いです。

そのため、よく利用している地方銀行がある場合は、その銀行が扱っているカードローン商品をチェックしてみるのもいいかもしれません。

銀行のカードローンの場合は保証会社に注目

銀行カードローンの審査は基本的に保証会社が行っています。保証会社が同じカードローンに申し込んでも審査結果は変わりません。

例えば、どこかの銀行カードローンの審査に落ちた後に、他の銀行カードローンに申し込んだとしても、保証会社が同じであれば審査結果も同じです。

そのため、銀行カードローンに申し込む際は、過去に審査に落ちたことがある保証会社を避けて申し込むようにしましょう。

中小消費者金融の審査は柔軟に対応

中小消費者金融の審査は、過去の返済履歴ではなく現在の返済能力の有無を重視する傾向があるので、「信用情報に自信がない」という方におすすめです。

現在の返済能力に問題ないと判断されれば、信用情報に多少の傷があっても審査に通過できる可能性もあります。

また、「中小消費者金融って大手に比べると使い勝手が悪そう」と思っている方も多いかもしれませんが、意外とそんなことはなく、「セントラル」のように便利に使える中小消費者金融も存在します。

セントラル

セントラル
融資上限額 即日融資 融資時間
最大300万円 最短即日
  • 30日間無利息キャッシング!
  • 借入・返済はセブン銀行ATMが利用できる!
  • 無人契約機ならその場でカード発行可能!

独自の審査基準をもつセントラルは、全国にあるセブン銀行で借入返済が利用できる唯一の中小消費者金融です。

大手消費者金融と同じように、専用のローンカードを使って借入返済ができるので、利用するイメージも湧きやすいですし、WEB完結可能なので気軽に申し込めるのも魅力。

「審査に自信はないけど、大手消費者金融並みのサービスが欲しい」という方には特におすすめです。

カードローンの審査に落ちてしまう原因

ここからはカードローンの審査に落ちてしまう代表的な原因をまとめて紹介します。

審査に落ちる原因を把握しておくことで、審査に通る可能性を上げることができますし、自分が審査に落ちた理由を知ることができるかもしれません。

審査に不安がある方は、以下で紹介する内容を参考にして、審査に落ちないように対策をしておきましょう。

クレジットカードの支払い滞納などの金融事故をしてしまった

信用情報にはカードローンの履歴だけでなく、クレジットカードの支払いやスマホの分割払いを滞納した情報も記載されます。

このような記録が残っていると、大手消費者金融などの審査には通りませんので注意しましょう。

とはいえ、2ヶ月などの長期間返済を滞納した経験がなければ、そこまで心配する必要はありません。

例えば、「うっかり1回だけ支払いを忘れてしまい、その後すぐに返済した」程度のものであれば、審査にも対して影響しないです。

勤続年数が短い

勤続年数があまりにも短いと、その分審査に落ちてしまう可能性も高くなります。
一般的には、最低でも1年以上の勤続年数が必要だとされているので、働いて間もない場合は、まず1年以上の勤続年数を積んでからカードローンに申し込むことをおすすめします。

借入希望額に対し、年収が低い

希望する借入希望金額に対して年収が低いと、「返済が滞る可能性がある」と判断されてしまい、審査に落ちる原因にもなります。
カードローンに申し込む際は、なるべく必要最低限の金額のみを申告するようにしましょう。

年収の3分の1以上借入を既にしている

消費者金融では、貸金業法の「総量規制」という法律により、貸し出せる金額が規制されています。具体的には「年収の3分の1までしか貸し出すことができない」という内容です。

そのため、年収の3分の1以上の借入を希望してカードローンに申し込んでも、審査に通ることはありませんので注意しましょう。

1ヶ月以内に複数社にカードローンの申込をした

信用情報には支払いの履歴だけでなく、直近半年間分のカードローンの申し込み状況も記録されています。

この記録が多ければ多いほど、カードローン会社から「よっぽどお金に困っているようだけど、そんな人にお金を貸して返済してもらえるだろうか?」と思われてしまい、審査に落ちる原因にもなります。

カードローンの審査にとおりやすくなるコツ

「カードローンの審査に通るか不安」という方に向けて、カードローンの審査に通りやすくなるコツを紹介します。

少し意識するだけでも審査に通過できる確率はかなり変わってきますし、誰でも実践できるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

他社借入件数をできるだけ減らす

現在、他社での借入が複数ある方は、なるべく他社借入件数を減らしてからカードローンに申し込むようにしましょう。

他社借入件数が少なければ少ないほど、カードローン会社から「借入件数もそこまで多くないし、お金を貸してもちゃんと返済してくれるだろう」と判断され、審査にも通りやすくなります。

収入証明書を提出する

大半の金融業者は、50万円以下の借入の場合は収入証明書の提出を不要としてますが、できることなら提出することをおすすめします。

安定した収入があることへの証明になるのはもちろん、しっかり勤務していることの証明にもなるので、その分審査も有利になりますよ。

ちなみに、カードローン会社によって有効となる収入証明書は多少異なりますが、基本的には以下のいずれかの書類であれば問題ありません。

  1. 源泉徴収票
  2. 給与明細書
  3. 確定申告書
  4. 所得証明書など

給与明細書などであれば比較的用意するのも簡単だと思いますので、審査に通過するためにも、ぜひ提出しておきましょう。

カードローンの申込内容で嘘をつかない

審査に通れる自信がないと、勤続年数や年収などを多めに申告したくなることもあるかもしれませんが、申し込む際は嘘はつかないようにしましょう。

バレてしまうと審査に落ちる原因になりますし、最悪の場合、詐欺罪などに問われてしまう可能性もあります。

また、カードローン会社では審査の際に信用情報を照会するので、他社借入に関しての情報は嘘をつくと必ずバレてしまいます。申し込む際はどんなに自信がなくても、事実のみを申告してくださいね。

借入希望金額は必要最低限にする

借入希望金額は少なければ少ないほど、審査にも通りやすくなります。

そのため、借入希望金額は必要最低限の金額のみを申告するようにしましょう。

カードローンより審査が甘いカード申込みを検討

生活費に困っていて審査の甘いカードローンを探しているのであれば、クレジットカードに申し込んでみるのも一つの手です。

クレジットカードはキャッシング枠さえつけなければ、比較的審査にも通りやすいですし、「現金が必要」という事情がない限りは、クレジットカード1枚あるだけで一時的な生活費を賄うこともできます。

ちなみに、審査に通りやすい&人気があるクレジットカードは色々ありますが、その中でも特におすすめなのが以下の2つです。

  1. ACマスター
  2. ライフカード(デポジット)

以下でそれぞれの特徴を紹介するので、ぜひ検討してみてください。

ACマスターカード

年会費無料で即日発行も可能なACマスターカードは、審査が比較的甘く利用しやすいことで人気なクレジットカードです。

利用明細書の郵送もないので、プライバシー面も安心。審査が不安な方にはもちろん、「家族に利用した内容を知られたくない」という方にもおすすめですよ。

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 発行手数料・年会費永年無料
  • パート・アルバイトでも収入があればOK
  • 3秒診断で発行可能か今すぐ分かる
  • はじめての方は最大30日間キャッシング金利が0円

▼今ならキャッシュレス還元で最大5.25%キャッシュバック!▼

ライフカード(デポジット)

ライフカードは、事前にデポジット(保証金)を預ければ、通常のクレジットカードのように利用することができるプリペイドカードのような商品です。

とはいえ、プリペイドカードとは違い、1度デポジットを預けてしまえば都度のチャージは不要なので手間もかかりません。審査に自信がない方におすすめのクレジットカードです。

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
  • 保証金(デポジット)制で審査が通りやすい!デポジット額は解約時に返金
  • 国内・海外旅行保険弁護士無料相談サービス付き
  • 一般のライフカードと同じデザインなので堂々と使える!

審査が甘いカードローンに関する疑問と回答

ここからは、審査が甘いカードローンを探している方がよく抱きがちな疑問と、それに対する回答を紹介します。

金利が高いカードローンは審査に通りやすい?

一般的には金利が高ければ高いカードローンほど、審査にも通過しやすい傾向があります。

というのも、金利が高いカードローン会社としては「審査に通りやすくすることで、その分多くの利息を回収したい」という狙いがあるので、柔軟な審査を行ってくれるケースが多いんですね。

カードローンの申込者が少ない時期は審査の通過率が上がる?

カードローン会社には、融資件数のノルマがあるので、申込者が少ない時期はその分審査の通過率も上がりやすいと言われています。

あくまで傾向があるだけなので、一概に「審査に通りやすくなる」とは断言できませんが、急ぎの融資が必要でない場合は、時期をみて申し込んでみるのもいいかもしれません。

「繁忙期(年末・年度末)」は審査の通過率が下がる?

繁忙期は審査の通過率が下がる傾向があります。ちなみに、カードローン会社の繁忙期は下記の通りです。

  1. 融資需要が多い年末の12月
  2. 企業の年度末が集中する3月

この時期はカードローンの申し込みが殺到するので、融資件数のノルマも達成できているケースが多く、その分審査も厳しい目で行われるようです。

「閑散期(2月・8月)」は審査に通過しやすい?

2月、8月はカードローンの申込み件数が減少する閑散期です。

ただ、閑散期だからといっても融資のノルマは通常通り課せられるので、2月や8月は他の月と比べて、審査に通りやすくなる傾向があります。

審査が甘い・絶対借りれるは罠

審査の甘いカードローンを探していると、「絶対借りれる」「極甘審査」などと、いかにも借りやすいような印象を与える文言を謳っている業者を見かけることもあるかと思います。

とはいえ、このような言葉を使って借りやすさをアピールしている業者は闇金業者で間違いありません。

経済的に困っていると、普段は胡散臭いと思っている業者でも魅力的に感じてしまうことがあるかもしれませんが、違法な闇金業者は絶対に利用しないようにしましょう。

審査の甘いカードローンまとめ

今回は、審査が甘いカードローンが存在しない理由や、審査に通りやすくなるコツなどについて紹介しました。以下まとめです。

  1. 貸倒れのリスクや法律的な面からも、審査が甘いカードローンは存在しない
  2. 事前に融資可能か判断できる診断ツールは積極的に利用しよう
  3. 審査が不安な人は成約率が高めの消費者金融に申し込むのがおすすめ
  4. 審査に落ちないためにも、審査に落ちる原因や審査に通るコツを知っておこう
  5. 生活費に困っている場合は、クレジットカードの検討もするべき

審査が甘いカードローンは存在しませんが、審査に通るコツを把握していたり、独自の審査基準を持っている中小消費者金融を利用することで、審査に通る可能性は上げることができます。

「審査に通れるか不安」という方は、ぜひこの記事を参考にして審査に落ちないよう対策を施してからカードローンに申し込んでみてください。