クレジットカード審査の職業別難易度

母子家庭 クレジットカード

母子家庭なのですが、クレジットカードを持つことは難しいでしょうか?

母子家庭の皆さまは、ご自分が家計を支える唯一の存在であることから、クレジットカードの発行に関する審査条件や生活全般に関し不安に思われることも多く、以前相談を受けたことがありました。

「私は水商売をしており、母子家庭なのですが、クレジットカードは持てますか?」
「母子家庭では、カードローンやクレジットカード審査に通らないでしょうか?」
「母子家庭ではクレジットカードの審査が通らないと聞いたことがありますが、本当でしょうか?」
「母子家庭であってもクレジットカードを持つことは可能ですか?」

多くの母子家庭の皆さまがお持ちの「クレジットカード審査に通るのか?」という

ご質問の回答としては、「母子家庭の方であっても、安定的な収入をお持ちであれば審査に影響することはない」と言えるでしょう。

クレジットカード会社では、先入観や私情を挟むことなく厳正なる審査を行いますので、「母子家庭だから」「父子家庭だから」という理由により審査が通らない、ということはありません。よって、他の皆さまと同じようにカード発行の申込みをしていただくことが出来ます。

「母子家庭は、一般家庭より生活が苦しい」というイメージがあるかもしれませんが、近年ではキャリアウーマンや管理職としてバリバリ働く女性も増えていますので、「経済的に自立していて、母子家庭であっても経済的には何の問題もない、という方も
いらっしゃるでしょう。

もちろん「収入が少ない母子家庭」の場合もあるかと思います。

「安定した収入があるか?」が審査のポイントとなりますので、「母子家庭だから申し込みができない」ということにはなりません。

母子家庭のお母さまの中には、水商売によって家計を支えている方も多くいらっしゃるのではありませんか?

「水商売をしているから、審査に落ちた」というわけではなく、小規模でお店の経営が不安定な場合や、本人の勤続年数が極端に短い場合には、
「またすぐに辞めて転職してしまうのではないか?」という懸念を持たれることもあるようです。

母子家庭であることが審査に落ちる直接の原因にはなりませんが、経済面や仕事面に対し不安を抱えている女性も多くいらっしゃると思います。

一人で家計を支えるシングルマザーの方は、一般の専業主婦の方以上に何役もこなし仕事・家事、子育てと多忙な毎日を送られていることと思います。

ここでご紹介するカードは、「手間がかからず、スピーディー」なのが特徴です。
発行までの期間が短く、ショッピング利用時のサインが不要など、毎日の生活に活用していただくと大変便利です。時間やお金を有効に活用することで、
心にもゆとりが生まれてくるのではないでしょうか。

なお、下記のような場合ですと、母子家庭でなくても審査に落ちてしまう可能性がありますので注意が必要です。

・収入・居住年数などが審査基準を満たしていない
・過去に支払いの延滞や滞納、多重債務、破産歴がある
・カードを持たない現金主義で、クレジットヒストリー(個人信用情報機関の利用履歴)が無い。

過去にクレジットカードの審査に落ちた経験をお持ちで、「自分は母子家庭だから、審査に落ちたのではないか」と思われている方は、
一度「母子家庭」だから審査に通らないという考え方を捨て、「一般の人がクレジットカードに通らない理由」に視点をを切り替えてみましょう。

★ココ変更★なお、どうして落ちてしまうの?でも解説していますので参考にしてください。★ココ変更★

それでも審査に落ちてしまった、審査不要のデビットカードを利用されるか、クレジットカード審査が比較的柔軟なこちらのカードに申込みをして、カードを利用できる喜びを味わってください。

収入の少ない女性がクレジットカードを作る場合、「総量規制」という法律によって、キャッシングの利用限度額を規制される場合があります。
(限度額は年収の3分の1以下)

これに対応する策として、公共料金の支払いや日々のお買いものなどにクレジットカード利用するという方法があります。
コツコツと支払実績を積むことで、信用力を高める結果につながりますので、更新時には幅広い利用限度額やサービスを受けられるようになるでしょう。

両親が離婚したため、母子家庭になりました。大学生の私でもカードは作れますか?

大学生の方ははクレジット会社にとって「将来の優良顧客となりうる人材」という恰好のターゲットですから、アルバイト収入などが無い状態でも簡単にカード発行ができるでしょう。

通常、クレジットカード申込みの際には「親の同意が必要」となる項目がありますので母子家庭の方であればお母さまにお願いをして、一筆協力していただく必要があります。一般的に「親が学生のクレジットカードの保証人」と捉えられがちですが、実のところクレジットカードに保証人は必要ないのです。

ただし、親の与信情報は各クレジット会社にて厳しく審査されますので「クレジットカードを申し込む際に、親には安定的収入が必要である」というのは当然のことでしょう。

中には「親が自己破産をしているため、自分が学生カードを作って家計を助けたい」と考える優しい学生さんもいらっしゃるようですが、親に金融事故の経歴が有る場合は、学生のカード審査にも影響があると考えた方が良いでしょう。

母子家庭の方の中には奨学金制度を活用しながら勉強を続ける学生さんもいらっしゃるかと思います。

優秀な学生さんが対象で無利子で奨学金が受けられるというような制度もありますのでクレジットカードだけではなく、利用できるサービスや制度、使えるお金を有効に活用しながら素晴らしい学生生活をお過ごしください。