審査落ちしてしまう理由

家族・親戚ブラック 審査

家族がブラックだったら、影響はありますか?

自分の家族や親戚が自己破産をした人がいる時、カードの審査に影響はあるのではと心配する人がいるようです。けれども、カードの審査に家族以外の親戚が影響することはなく、家族の場合には同居していなければ無関係です。

例えば、父が自己破産をして、私は一人暮らしをしているという場合、クレジットカードの審査には全く影響を及ぼしません。ですからこの場合には同居していないので、父の過去は関係なく、申込人本人の属性で審査されることになります。

またこれに似たケースで、夫が自己破産をしたのですが、妻の私がカードの申込し込みをしたら、審査に通過するでしょうかという質問もよくされています。

もちろんこの場合でも、申込人である妻の属性で普通と同じようにスコアリングされて、審査が進んでいくのは同じです。

もしパートタイマーやアルバイト、または専業主婦であったとしても、審査の方法は全く同じです。けれども個人信用情報機関に照会をかけた時に、本人に全く問題はなくても、同じ住所の同居人に自己破産者がいるという事実が明らかになった場合、本人に問題はなくても、カード発行が困難になってしまう恐れがあります。

このように自己破産を中心にお話していますが、任意整理などの債務整理の場合にも同じようになります。もちろん債務整理や自己破産などで、支払義務のあった借金を整理したのは、仕方のないことでしょう。しかしそれらの金融事故情報が、後々家族にも迷惑になってしまう可能性がある、ということを知る必要はあるでしょう。

自己破産を行って、Aさんがクレジットカードの申請をしたとすると、カード会社としては「夫が自己破産をして生活費が足りなくて困っているから、妻の名義でカードを作ろうとしているのだろう」という推測をされてしまいます。さらに悪いほうに推測すれば、「申し込みはAさんの名前だが、実際にカードを使用するのは夫なのではないか?」という推測もされてしまうのです。

このように名義貸しに近いケースで、「申込者が借入したお金を回収できなくなった」という金融機関やカード会社もたくさん存在しています。このようなリスクを避けるために、クレジットカード会社は個人信用情報機関の照会を行う時に、住所など一致する類似情報の中から家族の金融事故履歴を確認すると、カード審査に対してとても慎重になってしまうのは当然のことでしょう。

これを分かりやすく説明した時に、あなたに二人の友人がいると仮定します。

B→配偶者は大企業の部長、債権は住宅ローンのみ
C→配偶者は自営業、自己破産歴あり、ブランド品大好き

こんな二人から「来月返すから10万円だけ貸して!」と言われたらどうしますか?どっちに貸したらきちんと返してもらえるか、という風に考えれば、Bさんのほうだと思いませんか?クレジットカード会社でも、信頼性を考えてこのように判断するわけです。

カード会社が「この人は返済能力が低いし、信頼できない」と考えれば、カードの発行をしなければそれで済みます。クレジットカードのメリットとして、基本的には申し込み本人の属性がスコアリングされて、連帯保証人など必要がない、という点ではないでしょうか?

けれども、同居している家族や配偶者が自己破産など金融事故歴がある場合、クレジットカード会社としてはリスクを避けるために個人信用情報の記載を確認することになるのです。

誰もが個人がクレジットカードを支払いできるだけ使って毎月きちんと管理をしていれば、このように同居家族にまで迷惑をかけることにはならないはずです。

個人が自分に責任を持つことが個人の信用を高めて、さらに家族の信用も守ることができるでしょう。

同居の家族やご主人がブラックの場合は、家族カードもダメ?

自己破産をしていたりその他属性に問題がある時には、家族カードという手もあります。家族カードは今現在クレジットカードを所有しているカード会員(カード名義人)の信用により発行されます。

ですから普通クレジットカードを新規で申請するときのような審査は必要ありません。実際、夫が自己破産した、という方でも、家族情報として夫の名前や勤務先を記入する必要のないクレジットカード会社もたくさんあります。

もし不安の方は申し込み欄の内容をまずチェックしておいてから、家族カードの申請をしましょう。同居家族が過去に自己破産をしていたり、何かの理由でカード審査が不安な方の場合は、キャッシング枠をゼロで申し込みされる方が、審査に落ちる可能性は随分下がるでしょう。

もちろんご家族やその他同居人がブラックだったり、その他金融事故情報があって不安があるかもしれませんが、それはもう仕方がないことですよね。

そんな場合にはこのホームページから申し込み実績も多く、年会費も無料で審査の基準もそれほど高くないクレジットカードを選ぶとか、上記で述べた「どうすれば審査に通るか?」の方法をひとつひとつ実践していくことで、必ずカード発行にたどり着くことができるはずです。

ブラックの方への注意事項

クレジットカードの場合

時々、私はブラックなのですが、連帯保証人をつけたらクレジットカードは発行されますか?という質問をする方がいらっしゃいますが、クレジットカードとは、保証人を必要としないのがメリットとなって発行されているものです。どうしてもクレジットカードが持ちたくて、連帯保証人をしてくれるくらいの方がいる場合には、その方の家族カードを作って、利用代金はその方が払うことで解決することができるでしょう。

住宅ローン、自動車ローンの場合

住宅ローンや自動車ローンは連帯保証人がブラックだと審査に通るのは難しいので、どんなことがあっても避けましょう。けれども住宅ローンは収支合算ローンで無い限りは、連帯保証人は必要ない場合がほとんどで、金融機関に保証料を払って保証会社が代行することがほとんどでしょう。

賃貸住宅の場合

信販会社のアプラスやオリコなどが家賃保証会社で、その会社と契約して賃貸住宅を借りている人は、家賃の滞納があるとブラック履歴が残ることがあり、個人信用情報に残ってしまう可能性が高いので、審査に通過するのは難しいでしょう。

連帯保証人をしたことがある場合

申込した本人が自己破産などをしてブラックで、その人の連帯保証人をしていた場合、連帯保証人もブラックの状態となってしまいます。連帯保証人はその名の通り、申込人を保証する歴任があるので、それを納得した上で判子を押しているということは、どうしても責任を取ることになってしまいます。

※ここで表現しているブラックとは、個人信用情報機関に残っているあらゆる金融事故情報のことを言い、CICでは延滞や破産などの異動情報がある場合の情報を指しています。