クレジットカード審査についてのあれこれ

ブラックでも作れるETCパーソナルカード

ETCカードはブラックでも作れるの?

時々「ブラックの場合でもETCカードは作れますか?」という質問をされます。ETCカードを作るためには、あるクレジットカードをまず取得してからETCカードを申請するか、最初からETCパーソナルカードを申し込むという二つの方法から選ぶことになります。

ETCパーソナルカードは全国の有料道路の利用料金の支払いができるカードで、デポジットといういわゆる保証金を委託することで、クレジットカードがなくても有料道路でETC走行ができるようになっています。

このデポジットはあくまでも保証金で、このお金で通行料を支払うことはできません。つまりETCパーソナルカードを持ちたい場合には、申し込みをしてからデポジット保証金を委託すればカードが発行されるというシステムです。

このETCパーソナルカードで有料道路を利用したら、指定した銀行やゆうちょ銀行の口座から毎月引き落とし去れる仕組みになっています。

このカードは先に保証金を払うシステムなので、これを勘違いしてプリペイドカードだと思っている人もいるようですが、デポジットとはあくまで担保としての保証金の意味なのでプリペイドカードではなく、有料道路の利用料は毎月指定した銀行口座から引き落とされる、クレジットカードのような仕組みです。それではETCパーソナルカードのメリットとデメリットについて考えて見ましたので、カードの発行を検討される場合には参考にして下さい。

ETCパーソナルカードのメリットとは

*ブラックの人でもデポジット保証金を払えばETCカードを作ることができる。
*カードの使用を嫌う現金主義の場合でも、有料道路を便利に利用するために作れるカード
*デポジット保証金はETCパーソナルカードを解約したら返金される。

ETCパーソナルカードのデメリットとは

*年会費(1,234円)が必要。
*デポジットの最低額は40,000円なので、保証金としては高い。
*クレジットカードではないため、クレジットヒストリーの積み上げにはならない。

自己破産など債務整理をした人は、CICなど個人信用情報機関に金融事故情報が登録されて、事故延滞情報として異動情報が残ってしまいます。この場合にはクレジットカードの審査の際に個人信用情報機関を照会するので、カードの審査に通過するのは難しくなります。

この場合にはクレジットカードではなくVISAデビットカードや楽天VISAデビットカードなど、デビットカードを使用することを考えて見ましょう。

また、ETCパーソナルカードは発行可能ですので、このように使用可能なカードを使いながら、ブラックの情報が消える日を待ちましょう。

また、個人信用情報機関の異動情報が消えていわゆる「喪明け」になった人は、喪明けの1枚目としてカード審査基準の柔軟なカードを作って、クレジットヒストリーを積んでからETCカードを作るようにしましょう。

もちろんETCパーソナルカードやデビットカードは、信用情報にクレジットヒストリーは残りません。

クレジットカードが作れる状態になったら、できるだけ早い時期に最初の1枚を手にして利用実績を積みましょう。やっぱりどうしてもクレジットカードが欲しい!という方は、今までそんな人達をたくさん助けてきたこのカードにチャレンジしてみましょう。

ブラックでも発行してくれるパーソナル以外のETCカードはありますか?

ブラックの人でどうしてもETCカードが欲しい場合には、ETCパーソナルカードをお勧めしていますが、年会費もかかるしデポジット保証金も高くて嫌だ、という人もいますよね。

その場合には、セゾンカードでETCカードを発行する、という方法をお勧めできるかと思います。セゾンカードは審査基準も比較的に高い信販系カードなのでブラックの人が申し込むと審査に落ちてしまうでしょうから、例えばご家族の名義でセゾンカードを発行してから、家族カードのようにETCカードを取得して、そのカードを使うことができるでしょう。

セゾンカードの特徴として、クレジットカード1枚にETCカード5枚まで発行可能なので、家族でそれぞれ車に乗る方にも便利で、ブラックの人でも使うことができます。もちろんこれは家族名義のカードなので、クレジットヒストリーを積むことにはなりません。

クレヒスを積むのにピッタリな1枚は?

先ほどブラックの人には家族名義で発行されたセゾンのETCカードの利用をお勧めしましたが、喪明けの1枚を探している人もいるでしょう。そんな場合にはETCカードでクレジットヒストリーを積んでいくことが望ましいですよね。

そんな時にはハウスカードをお勧めします。

ハウスカードというのは、カードを発行する企業やグループの中でだけしか使えないカードで、スーパーやデパートなどで発行しているところが多いです。

その中でもお勧めのハウスカードとして、「コスモ・ザ・カード・ハウス」があります。これはETCカードではなく、コスモガソリンスタンドだけで使えるカードなので、使い過ぎることもないので安心です。

こんな条件により基本的にハウスカードはどこでもカード審査基準がとても低くなっているので、喪明けの1枚としてはピッタリではないでしょうか?