クレジットカード別!審査難易度

イオンカードの審査

イオンカードについて教えて下さい

イオンクレジットが発行しているクレジットカードには50種類以上もあり、たくさん普及している「イオンカード」のほか、やまや、コスモ、トイザらスや高速道路との提携カードも多数そろっています。

これらイオンクレジットカードの基本的機能としては、イオンはじめ、ビブレ、ミニストップ、マックスバリュ、メガマート・・など、イオングループ各店で受けられる特典やポイント還元サービスがあります。

このようなサービスや得点の多さから、イオンクレジットカードはショッピング利用が多い主婦の皆さんにとても人気があるカードとなっています。

テレビCMでも流れているように、毎月20日と30日に行われている「イオンお客様感謝デー」というのは、イオングループのスーパーやショッピングセンターでのお買い物が5%オフになるというサービスで、大変盛況のようです。

この5%OFFサービスは、クレジット決済のほかにも電子マネーであるWAONでの支払いも可能となっていますので、現金主義でローンはしない主義なので・・とWAONポイントを貯めている人にとってもお得なイベントとなっています。

イオンカードでは、他のクレジット会社と同じくショッピング枠やキャッシング枠の増枠に対応していまして、電話からの自動音声応答サービスやインターネットサイトから「ご利用可能額増枠申込書の発行手続き」を選び、そこから増額希望の額を申し込むシステムとなっています。

例を挙げて説明しますと・・・。

年収が250万円あるという人が、「利用限度額を80万円に増額希望します」という場合、この80万円という限度額は、総量規制(借入は年収の3分の1以下)の範囲内ですから、この金額にはなんら問題はないと言えます。

しかしながら「イオンカード」の場合、「リボ払いの支払い残高が、利用限度額の半分以上にまで達していると、それ以上の増枠は困難でした・・」という口コミも多く聞かれます。

「法律で決まった範囲内であれば増枠も大丈夫なハズ・・」と利用者からは期待してしまいがちですが、あくまでも「増枠が是か非かを判断する審査基準」は各クレジット会社にあるのだということを理解しておいてください。

「イオンカード」は主婦が審査に通りやすい?

イオンで発行しているクレジットカードは「流通・小売系」のカテゴリに入りますから、「銀行・独立系」「信販系」などと比較しますと、審査基準は低め・取得はしやすいほうの種類となります。

このイオンカードの審査の特徴で最も注目して頂きたいのは「主なターゲットが主婦の皆さんにある」という点です。

イオンとしては、「しょっちゅうお買い物をする女性のみなさまに、イオングループ系列店舗でカードを使って欲しい・・」という考えからクレジットカードを発行していますので、パートやアルバイト、主婦の方に至るまで、「比較的属性が低い女性でもカード発行されやすい・・」という傾向があります。

一方、イオンカードは「男性は審査に落ちやすい・・」という審査基準があることでも有名です。

これについては、多くの男性は日々の買い物でイオン系列の店舗で買い物する機会があまりなく、家電量販店や駅ビル・居酒屋など、イオン系列ではないところでカード利用をする傾向があると判断されていると推察できます。

そのため、「イオン系列の店舗でお金を使って欲しい・・」と希望するイオンとしては、男性よりも女性に重点的にカード発行をしているのでしょう。

「男性だとイオンカードは発行されない・・」ということは決してないのですが、すでに何枚かカードを持っていたり(メイン以外のカードだと思われてNGとなる)、

年収が低いなど属性面で弱い男性は審査に通りにくい傾向が強いクレジット会社であると言えるでしょう。

ちなみに、女性の場合ですと、CICやJICCなどの個人信用情報の記録に問題がなければ、「信用できる人である・・」と判断され、割とすばやく発行が行われているようです。

カード発行に関してはこのような珍しい事例があります。

以前、主婦のA子さんが、「ご主人の名前でカード申し込みをして、カード発行後に、自宅固定電話やA子さん本人の携帯電話に変更しよう・・」と計画し、そのように実行したのですが、

偶々、ご主人が海外出張で不在のあいだにカード会社から本人確認電話がきてしまい、「本人の確認ができなかった・・」ということで審査NGになってしまいました。

ですが、A子さんが申込みをしたカード会社はとても親切だったようで、「急な海外出張で本人が確認電話に出られなかったのです・・」と説明しましたら、結果として審査OKとなりカード発行されたということです。

ご自分の属性、年収や勤務先等に自信がない・・と考える女性の中には、A子さんのように「ちょっと小細工をしたらカード発行されるかしら・・」と考えてしまうようですが、イオンカードに申し込むのなら、そのようなことで不安に思う必要はありません。

小細工といっても、ご主人所得証明や在職証明、本人確認書類を全部整えるのも大変手間と時間がかかることです。

ご自身のクレジット利用履歴に何の問題もないのなら(過去に支払いの滞納や遅延、債務整理や自己破産等の金融事故を起こしていない)、イオンカードには「ご自分名義で堂々と」申し込みをしてください。

在籍確認電話は必ずあるのですか?

イオンカードについては「全く在籍確認の電話がこないです」というはありませんが・・。

在籍確認電話といいますのは、基本的に申し込み者の属性・勤務先や連絡先に疑いを持たれたときに行われる傾向がありますので、中には「確認電話が来ていないのに、カードが発行されました・・」というケースもみられます。

無職であったり退職した後(離職や転職による)にカード申込みをした人にとっては、在籍確認はかなり大きな脅威かもしれませんが、「カード会社から疑念を持たれることなくカード発行された・・」ということは、堂々と自信を持つべきことだと思います。

ただひとつ、クレジットカードの申込みの際に記入した前の勤め先の情報については、クレジット会社の社内データベースのみならず、CICやJICCなどの個人信用情報機関にも記録されますから、次の勤務先が決まった際には、その情報をすぐに申告することをお勧めします。

クレジット会社では利用者向けのサポートダイヤルを設けていますから、そこへ電話をしてオペレーターに「勤務先が変わりましたので・・」と連絡をすれば、数分程度で変更手続きが完了します。

「無職であった期間にカードを作ってしまったので・・」とビクビクする必要はありません。「クレジット会社に審査OKされて、カード発行されたのだから大丈夫」と安心して、クレジット会社に新しい情報を伝えて頂きたいと思います。